NEW

JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補

【この記事のキーワード】, ,
JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補の画像1
坂井瑠星騎手

 今週末の中央競馬は中山・中京・小倉の3場開催。土曜は小倉で8鞍、日曜には中京で11鞍に騎乗を予定しているのが、甘いマスクを持つことで知られる7年目の坂井瑠星騎手だ。

 昨年は自己ベストを更新する53勝をマーク。重賞3勝に加え、宝塚記念(G1)では所属する矢作芳人厩舎のユニコーンライオンを2着に、12月のチャンピオンズC(G1)ではアナザートゥルースを3着に導くなど大舞台でも勝負強さを発揮しはじめている。

 海外遠征にも積極的で、2年目にはオーストラリアへ武者修行を敢行。約1年間にわたってオーストラリアを拠点に、アメリカ、そして日本を行き来しながら腕を磨いた。

 コロナ禍の情勢でも、海外志向は変わらず。昨年2月は、サウジアラビアとドバイを転戦。秋にはフランスに遠征し、現地で初勝利も挙げた。

JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補の画像2
藤田菜七子騎手

 そんな坂井騎手の姿に「ホントにカッコいい」という賛辞を送ったのが、同期の藤田菜七子騎手だ。

 17日に『netkeiba.com』でスタートした藤田騎手の短期連載「もっと強く。」で、行ってみたい国を聞かれた同騎手は「オーストラリアとかニュージーランド」と、回答。そして、「瑠星からもよく話を聞きますが、南半球は女性ジョッキーがたくさんいる環境ですし、ヨーロッパに比べれば、日本の競馬に近いのかなとも思う」と持論を述べ、世界を飛び回る坂井騎手の姿に前出の「ホントにカッコいい」という言葉が飛び出したというわけだ。

 今年は開催6日間で早くも5勝をマーク。先週の愛知杯(G3)ではマリアエレーナをアタマ差の2着に導くなど、既に昨年以上の活躍を予感させている坂井騎手。だが、著しい活躍をしている一方で、G1は未だ未勝利だ。

 そんな坂井騎手にとってG1初勝利を狙えそうな楽しみな存在がいる。それが、来月5日のエルフィンS(L)で騎乗予定のルージュラテール(牝3歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 前走の白菊賞(1勝クラス)で初めてコンビを組むと、想定外の後方からの競馬になったにもかかわらず、直線一気の豪快な差し切り勝ちを収めた。その後は中1週で阪神JF(G1)に向かうプランもあったが、陣営は無理をせず回避。前走後はノーザンファームしがらきで英気を養い、20日に栗東へ帰厩した。

 前走から約2か月間、ルージュラテール自身は一度も走っていない。にもかかわらず、同馬の評価は急上昇しているという。

JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは