NEW

JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活

【この記事のキーワード】, ,
JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊大外タックルで騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活の画像1
武豊騎手

 先週15日に行われた愛知杯(G3)は、武豊騎手のルビーカサブランカが優勝。

 36年連続で重賞制覇を決めたレジェンドは、自身のオフィシャルサイトで「デビューの年から続く記録ですから、早いうちにやっておきたいというのは正直な気持ち。1月のうちにできたのは、荷物を一つ下ろせたような感覚です」と、胸の内を明かした。

 新年早々幸先の良いスタートを切った武豊騎手だが、さっそくルビーカサブランカの金子真人オーナーから次の有力馬の依頼が舞い込んできた。それが22日の中京11R・長篠S(3勝クラス)に出走予定のジャカランダレーン(牝4歳、栗東・中内田充正厩舎)だ。

 同馬の父ラブリーデイと、母ウリウリは金子オーナーの所有馬。また、その父と母も同オーナーの所有馬であったことから、“金子血統”という触れ込みでデビュー前から注目を集めたジャカランダレーン。初戦となった20年7月の新馬戦は、後続に4馬身差をつける圧勝で、話題だけでなく実力があるところも示した。

 その後、2戦目のダリア賞(OP)と続くもみじS(OP)を連続して1番人気で3着に敗れるなど、やや足踏みしたが、昨年6月の1勝クラスでは新馬戦以来の白星。2勝クラスも僅か2戦で突破すると、昇級初戦となった前走の若潮S(3勝クラス)でも、勝ち馬エイシンチラーから0秒2差の4着に好走している。

『netkeiba.com』の想定オッズでは2番人気に推されている。両親のラブリーデイとウリウリは、古馬になり重賞を勝ってから本格化した。ジャカランダレーンにもこれからの伸びしろが期待できそうだ。

 2週連続の金子馬による勝利も期待されるが、その一方で、武豊騎手が中内田厩舎の管理馬に騎乗するのは、これが実に3年1ヶ月ぶりとなる。

 昨年は54勝を挙げて、初のリーディングトレーナーに輝いた中内田師。主戦は川田将雅騎手だが、武騎手も厩舎開業の14年以来、毎年10鞍前後は騎乗しており、コンビでも通算で6勝を挙げている。しかし、理由は不明ながら、18年12月のゼンノワスレガタミを最後に、近年は騎乗依頼が途絶えていた。

 そんな両者だが、19年6月に行われた安田記念(G1)ではこんなエピソードがあった。

JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊大外タックルで騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活の画像2
アーモンドアイ

 1番人気は前年の年度代表馬で、目下7連勝中の女王アーモンドアイ。続く2番人気に推されたのが、当時の中内田厩舎の看板馬ダノンプレミアムだ。上位2頭から3番人気まではオッズが開いており、ファンからは2頭の一騎打ちが期待されていた。

 だが、ゲートが開くと同時に悲劇が起こる。

JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  2. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  3. JRA【日本ダービー(G1)予想】川田将雅×ダノンベルーガは迷わず切り! 期待値の高い実績馬の好走で意外な高配当をいただく
  4. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  5. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  6. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは
  7. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  8. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  9. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  10. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!