NEW

JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?

JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)、東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?の画像1
ワグネリアン

 今年1月5日、2018年の日本ダービー(G1)などを勝利したワグネリアンが突如、この世を去った。

 福永祐一騎手に初のダービー勝利をもたらした同馬は、多くのファンに愛される存在だった。現役中の死という、早すぎる別れにファンや競馬関係者も悲しみに包まれた。そして、愛馬を突然失った金子真人オーナー(名義は金子真人ホールディングス)の悲しみは察するに余りあるものだろう。

 そんな、ワグネリアンの死から間もない、先週15日。中京競馬場で行われた愛知杯(G3)で、金子オーナー所有のルビーカサブランカが武豊騎手を背に勝利。さらに2着にも同馬主所有のマリアエレーナが入り、ワンツーフィニッシュを決めた。愛馬が去った直後で、何とか勝利をという思いがあったであろう、オーナー、そして武豊騎手の思いが実った勝利だった。

 しかし、それだけでは終わらないのが、この金子オーナーの凄さだ。翌日16日には同じく中京で行われた日経新春杯(G2)を所有馬のヨーホーレイクが勝利。急逝したワグネリアンへの追悼と言わんばかりに、2日連続の重賞勝利となった。

 そして、今週行われる重賞レースにも、金子オーナーの所有馬がこぞって出走を予定している。

 23日に中山で行われるアメリカジョッキークラブC(G2、以下AJCC)にボッケリーニとポタジェが、同日中京で行われる東海S(G2)には、グレートタイムとハヤヤッコが出走を予定。同日に4頭を重賞に送り出す。

JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)、東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?の画像2
ポタジェ

 中でもAJCCに出走するポタジェは、2走前の毎日王冠(G2)でシュネルマイスター、ダノンキングリーのG1馬2頭と接戦を演じ、前走の天皇賞・秋(G1)でも6着と善戦。ここでは実績上位で、勝機は十分にありそうだ。また東海Sに出走する2頭もオープンクラスでは安定した成績を残しており、上位を狙える位置にいる。

 金子オーナーといえば、稀代の名馬ディープインパクトやキングカメハメハ、クロフネなどのオーナーとして広く認知されている。その他にも、歴代最多のダービー4勝や、白毛馬ソダシでのG1勝利。また、自身が現役時代に所有した種牡馬と繁殖牝馬を配合し、生まれてきた馬を自身で所有するという、まさにオーナーブリーダーの鑑といえる存在だ。

 若くしてこの世を去ったダービー馬ワグネリアン。その愛馬が亡くなった直後に重賞を連勝するのは、数々の豪運伝説を持つ金子オーナーならではのドラマといえるだろう。今週末、2週連続で重賞勝利という“第2話”があっても、まったく驚けない。

(文=椎名佳祐)

<著者プロフィール>
 ディープインパクトの菊花賞を現地観戦し競馬にのめり込む。馬券はアドマイヤジャパン単勝勝負で直線は卒倒した。平日は地方、週末は中央競馬と競馬漬けの日々を送る。

JRA金子真人氏に高まるAJCC(G2)東海S(G2)ダブル勝利の期待感! 急逝ワグネリアンに捧げる土日重賞勝利の勢いは今週も?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは