NEW

JRA武豊「G1・9勝馬弟」と急遽新コンビ決定!好条件で一発を期待されるレジェンドが持つ「ある不名誉な記録」とは

【この記事のキーワード】, ,
JRA武豊「G1・9勝馬弟」と急遽新コンビ決定!好条件で一発を期待されるレジェンドが持つ「ある不名誉な記録」とはの画像1
武豊騎手

 23日、中京競馬場のダート1800mを舞台に行われる、第39回東海S(G2)。騎乗予定だったブラックアーメットが出走を回避した武豊騎手は、急遽ミヤジコクオウ(牡5歳、栗東・川村禎彦厩舎)と新コンビを組むことが決まった。

 同馬は、半兄に中央・地方合わせてダートG1・9勝を挙げたエスポワールシチーを持つ良血馬。デビュー2戦目の2歳未勝利を単勝1.1倍で勝ち上がり、3歳時には鳳雛S(L)を優勝。20年のレパードS(G3)では、同じく東海Sに出走するケンシンコウから2馬身半差の2着に入っている。

 その後はやや精細を欠いているが、昨年6月に東海Sと同じコースで行われた三宮S(OP)では、勝ったサンライズホープから0秒4差の2着に好走した。

 なお、このときサンライズホープの斤量が54キロだったことに対し、ミヤジコクオウは55キロ。サンライズホープも東海Sに出走を予定しており、人気を集めることが予想されている。一方のミヤジコクオウは人気薄想定だが、56キロの同斤量となる今回は、オッズほどの実力差はないと思われる。

 陣営は「デキに関しては悪くありません」と『サンケイスポーツ』の取材にコメント。川村厩舎は2016年の東海Sをアスカノロマンで制しており、また中京ダート1800mは同年以降、7勝を挙げるなど得意としている舞台だ。条件が揃うミヤジコクオウは今回、一発の期待も高まっている。

 そんなミヤジコクオウと初コンビとなる武豊騎手だが、騎乗経験のあるエスポワールシチーの弟ということで、兄のイメージが残っているかもしれない。

 佐藤哲三元騎手のお手馬のイメージが強い、“エスポくん”ことエスポワールシチーだが、キャリア8戦目にしてダートに転向以降は、佐藤哲元騎手、角田晃一元騎手、松岡正海騎手、武豊騎手、浜中俊騎手、後藤浩輝元騎手の計6名が騎乗している。

 実はこれら騎手の中で、エスポワールシチーに騎乗して1度も馬券に絡めなかったのは、武豊騎手だけなのだ。

「武豊騎手はエスポワールシチーに2度騎乗経験があり、12年のフェブラリーS(G1)は5着、同年のジャパンカップダート(G1)では10着に敗れています。近年最強のダート馬の1頭にも挙げられる馬だけに2回とも着外に終わっているのは、武豊騎手にしてもやや不名誉な結果であるといえるかもしれません。

その借りを返すではないですが、弟のミヤジコクオウに騎乗する今週の東海Sでは好騎乗に期待したいところです」(競馬誌ライター)

 ちなみに武豊騎手が川村厩舎の管理馬に騎乗するのは17年2月のアスカノハヤテ以来、およそ5年ぶりとなる。

 今週はワールドプレミアのオーナーである大塚亮一氏の所有馬に11ヶ月ぶりに騎乗、また中内田充正厩舎と約3年ぶりにタッグを組むなど、珍しい組み合わせが目立つレジェンド。“持っている男”が果たしてどのような結果を出すのか、大いに注目しておきたい。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

JRA武豊「G1・9勝馬弟」と急遽新コンビ決定!好条件で一発を期待されるレジェンドが持つ「ある不名誉な記録」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは