NEW

パチンコ「軽く8万発」に続く歓喜を期待…ファン胸熱の甘デジ新台が間もなく降臨!!

【この記事のキーワード】, , ,

パチンコ「軽く8万発」に続く歓喜を期待…ファン胸熱の甘デジ新台が間もなく降臨!!の画像1

 2021年も悪魔的スピードを有する『Pデビルマン~疾風迅雷~』や、「初当り1000発」の安定感が好評だった『Pビビッドレッドオペレーション』など話題作を導入しパチンコ分野を盛り上げたニューギン。特に前者は「約2時間で185連9万発」といった驚愕の報告が確認されるなど、大きな反響を得ていた印象だ。

 衝撃を与えたという意味では、同社が誇る看板シリーズ「花の慶次」も負けてはいない。

『P真・花の慶次2~漆黒の衝撃~EXTRA RUSH』は、大当り確率1/199.8のライトミドルタイプ。前作同様に転落抽選が行われるほか、C時短を駆使した新感覚のゲーム性を採用している。

 最上位モード「前田慶次ZONE」は、「約81%継続×ALL1500発」という強烈な一撃に期待できる仕様。ライトミドルながら「トータル5万発オーバー」「軽々と8万発を達成」など強烈な情報が続出した。

【注目記事】
有名パチスロライター謎の「すたひろし」正体に感動!阪神タイガース大物新人は爆裂AT機みたい!?【アニかつ・濱マモルの回胴酔虎伝Vol.20】
パチンコ新台「時速6万発」も期待の爆速モンスター降臨! 限界を攻め抜いた完全無欠スペック!!

 本機最大の特徴は「ダブルルートシステム」と呼ばれる2つの大当りへの道のり。図柄による液晶当りと役物抽選を契機とした小当り経由、つまり本来的な1種2種混合機のゲーム性となっている。

 その爆裂を求めるユーザーが後を絶たない状況だが、同シリーズといえば24日の週より最新作が登場。『真・花の慶次』の物語を締めくくるに相応しい仕上がりに期待の声が浮上している。

『P真・花の慶次3』

■大当り確率:1/319.68
■高確率:1/76.56(ST135回)
■真・傾奇RUSH突入率:約67.5%
■真・傾奇RUSH継続率:約83.3%
■電サポ回数:135回or100回
■賞球数:2&1&5&15
■カウント:10カウント
■大当り出玉:10R1500発・6R900発・2R300発
○○○

 大当り確率1/319.68のV確STスペックで、時短引き戻し(約26.9%)と残保留4個を含めたトータル突入率は約67.5%。初当りからSTまでのハードルが低めに設定されている点は魅力だ。

 注目の「真・傾奇RUSH」は135回のロングSTで、1/76.56の大当りを目指す仕様。継続率は約83.3%を誇り、右打ち中は80%が1500発と高い一撃性が備わっている。シリーズの名に恥じない爆発力を堪能できそうだ。

『真』シリーズとしては最後となる本機が快進撃を見せるのだろうか。その動向に注目したい。

 2022年もスタートから抜群の存在感を放っているニューギン。そんなヒットメーカーは、甘デジ分野にも激アツ新台を導入予定だ。「特図2の確変率は100%・50%が10R」といった特徴だけではなく、ファン大興奮の要素も組み込まれた仕上がりとなっている。

パチンコ「軽く8万発」に続く歓喜を期待…ファン胸熱の甘デジ新台が間もなく降臨!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合