NEW

パチスロ6.5号機は「ストレートで5000枚」獲得も期待できる!? “差枚2400枚”マシンが間もなくデビューか?

【この記事のキーワード】,

パチスロ6.5号機は「ストレートで5000枚」獲得も期待できる!? 差枚2400枚マシンが間もなくデビューか?の画像1

 先日話題となっていた、パチスロの「一撃規制の緩和」。現行の6号機は2400枚を上限にAT・ART機能が終了してしまうが、今回の緩和によって「一撃の上限枚数」は“差枚数”で算出されることとなる。

 たとえば、AT当選までに600枚を投資していれば、最大3000枚の獲得まで可能になるということ。また、有利区間ゲーム数が最大4,000ゲームまで拡大するなどの変更点も存在するようで、これらに対応したマシンは「6.5号機」という名称になる。

 これまで6号機では、低ベース化や有利区間3000Gなどさまざまな緩和措置が行われてきたが、需要喚起へ効果的に繋がったとは言い難い状況であった。

 今回の自主規制変更措置では、マイナス分を含めた差枚数で算出することで、瞬発的な出玉性能の向上が見込めることもあり、市場の期待感が高まっているという。

【注目記事】
パチンコ店で「ストレスMAX」の迷惑行為…「悪意に満ちた横暴な態度」「出玉の大崩壊」など実体験をご紹介!!
甘デジ「1000発50%ループ」の超RUSH突入なるか!? 早がけ攻勢で激アツ展開へ!!

 一見すれば、一撃5000枚、6000枚クラスの派手な出玉獲得が見込めそうな内容だが、現実的には難しい。なぜなら出玉試験の内容は一切変わっていなからだ。

 しかし、6.5号機の規格は「奇跡」を産む可能性もある。

 実際のところ、ホールでは中期試験で不適合となるはずの数値(1600Gで2071枚を超えた差枚など)を持っているデータは珍しくない。そもそも『パチスロ鉄拳4デビルVer.』や『パチスロ うしおととら 雷槍一閃』など、連続で2400枚完走が可能なのだから、1600G間で3000枚を超えるなど日常的に有り得てしまうのだ。

 なぜそのような事態になるか、というと「実射試験の存在が大きいから」だと言われている。「試験機関が実際に打った結果が規定内に収まればOKになる可能性がある」というのだ。

 試験項目はあくまで基準ということなのだろうか。もしかしたら「純増3枚でストレートAT5000枚も可能」という超スペックが登場するかもしれない。

 6.5号機は早ければ5〜6月に登場する可能性があるとのこと。今後の展開に注目したいところだ。

(文=大松)

<著者プロフィール>
 4号機『大花火』でホールデビューし、『パチスロ北斗の拳』でドハマリ。6号機は『パチスロ モンスターハンター:ワールド™』がお気に入り。G&Eビジネススクール卒業後、プログラマーや事務職を経験。現在はライティング業務に従事する傍ら「パチスロガチ勢」として活動中。パチMAXでは主にハイエナ実戦記事や動画レビュー記事を担当。常に攻略情報に注目しており、「6号機でも勝てる」を心情に有益な情報を紹介中。

パチスロ6.5号機は「ストレートで5000枚」獲得も期待できる!? “差枚2400枚”マシンが間もなくデビューか?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合