NEW

JRA 尊敬する先輩・福永祐一から団野大成へバトンタッチ。年明け早々、ライバル同期が次々と重賞勝利する中、オーヴェルニュを勝利に導けるか

JRA 尊敬する先輩・福永祐一から団野大成へバトンタッチ。年明け早々、ライバル同期が次々と重賞勝利する中、オーヴェルニュを勝利に導けるかの画像1

 23日、中京競馬場ダート1800mの舞台で、フェブラリーS(G1)を目指す有力馬たちの始動戦として注目を集める東海S(G2)が行われる。

 そのステップレースとして重要になる一戦に、4年目の団野大成騎手がオーヴェルニュ(牡6歳、栗東・西村真幸厩舎)とのコンビで参戦。現在『netkeiba.com』では、単勝オッズ2.7倍の想定1番人気で、勝利が期待される注目の一頭だ。

 昨年の覇者で、チャンピオンズC(G1)以来となる一戦。連覇を狙う今回の中京競馬場は計3勝しており、得意としている舞台。前走のG1では力が足りなかったものの、G2となる今回は相手関係的にも優勢だろう。過去5年のレースでは、1番人気が(3.0.1.1)、関西馬が4勝しているということも人気を後押しするデータではないだろうか。

 2022年の年明けから、団野騎手と同期の斎藤新騎手が中山金杯(G3)、菅原明良騎手が京成杯(G3)をそれぞれ勝利。16日終了時点では、こちらも同期の岩田望来騎手、菅原騎手がリーディングジョッキーでトップ5に入るなど、競馬学校35期生の活躍が目立っている。過去に『うまンchu』(関西テレビ)で35期生の対談企画が設けられたこともあり、注目の年代だ。

 団野騎手も昨年、日経新春杯(G2)で初の重賞勝利を飾るなど重賞2勝。JRA通算100勝を達成し、海外遠征も経験するなど着実に力をつけてきている。同期のライバル達に負けないためにも、東海Sは大事な一戦になるのではないだろうか。

 また『netkeibaTV』の若手騎手応援企画としてお馴染みの『坂井瑠星とキシュトーーク』に、坂井瑠星騎手が最も可愛がっている後輩として団野騎手が登場。動画内では尊敬する騎手は福永祐一騎手だそうで「新聞をそんな項目までチェックしているんだ」「細かいところまでしっかりと考えている」と競馬に対する向き合い方がすごいというコメントを残している。

JRA 尊敬する先輩・福永祐一から団野大成へバトンタッチ。年明け早々、ライバル同期が次々と重賞勝利する中、オーヴェルニュを勝利に導けるかの画像2
福永祐一騎手

 そして今回、東海Sで騎乗するオーヴェルニュは、香港スプリント(G1)で落馬負傷した福永騎手からの乗り替わりだ。

 自身が緊張しがちな性格で、1年目に福永騎手へ相談した際には「自分がこの舞台に立ちたくて立っているのに、なんで緊張するんだ」というアドバイスをもらい「もっと競馬を楽しむことが大事だと気づいた」とコメント。

 今回の東海Sは想定1番人気とプレッシャーがかかる立場。緊張する舞台ではあるが、尊敬する先輩からのバトンをしっかり受け取り、オーヴェルニュを勝利に導きたい。その先には、日々切磋琢磨しあっている同期もまだ達成していない「G1制覇」に繋がるはずだ。

(文=長尾りょう)

<著者プロフィール>
 はじめての競馬、ジャパンCで5番人気シュヴァルグランの単勝を当て、競馬にハマる。オルフェーヴルのように強いが、気性が荒く、成績にムラのある馬が大好き。今までで1番忘れられない馬券は、2018年の有馬記念ブラストワンピースの単勝。

JRA 尊敬する先輩・福永祐一から団野大成へバトンタッチ。年明け早々、ライバル同期が次々と重賞勝利する中、オーヴェルニュを勝利に導けるかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは