NEW

JRAディープボンド「サウジ遠征回避」の要因に国内では「あり得ない」ハンデ差!? まさかの最軽量斤量に「これがあるべき姿」という声も……

【この記事のキーワード】, ,
JRAディープボンド「サウジ遠征回避」の要因に国内では「あり得ない」ハンデ差!? まさかの最軽量斤量に「これがあるべき姿」という声も……の画像1
ディープボンド JBISサーチより

 昨年の有馬記念(G1)で2着に好走したディープボンド(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎)が、招待されていた『サウジカップデー』のレッドシーターフハンデキャップ(G3、芝3000m、2月26日)を回避することがわかった。

 この春は3月の阪神大賞典(G2)から始動し、順調なら5月の天皇賞・春(G1)、6月の宝塚記念(G1)の計3戦を走る。大目標は、昨年惜しくもワールドプレミアの2着に敗れた天皇賞・春になるだろう。

 陣営が下した「サウジ遠征回避」という判断にはネット上で、「正しい決断だと思う」「これで春天制覇が見えてきた」など歓迎の声が目立った。

「ディープボンドの(春の)国内専念は予想通りですね。オミクロン株の感染拡大で先行きは不透明ですし、何より62kgという酷量が多分に影響したと思います。

G3とはいえ1着賞金が阪神大賞典の2倍以上の1億5000万円。58~59kgくらいのハンデなら出走の可能性はあったかもしれませんが、さすがに不慣れな海外で62kgを背負うのはリスクが高すぎますからね。賢明な判断だと思いますよ」(競馬誌ライター)

 また、日本のファンにとって想定外だったのが同レースのハンデ差ではないだろうか。

 ディープボンドの国内専念は想定内だったが、62kgという酷量は陣営にとっても想定外だったのかもしれない。ただ、それ以上に日本のファンが食いついたのは最軽量馬のハンデが44kgだったことだった。

「現在、JRAのハンデ戦では、どれだけ実績がない馬でも一部の例外を除き下限が決まっていあます(オープンクラスが48kg、条件クラスが50kg)。また、現在の基準ではトップハンデ馬の斤量が60kg台になることもほぼありません」(同)

 日本の競馬ファンにとって「18kg」というハンデ差は新鮮に映ったのか、ネット上では様々な反応があった。

「本来はこれくらいの差をつけてもいいと思う」「これがあるべき姿だ」という肯定的な意見から、「44kgで乗れる騎手はいるのか!?」「日本ではテンポイントの悲劇があったから、実績馬には重い斤量は背負わせないでしょう」という現実的な声も――。

 ファンの意見にもあったように、44kgという斤量では騎乗できる騎手はほとんどいないのが現実だろう。それでもJRAのハンデキャッパーは、ハンデ差が大きくなりすぎないように無難に斤量を設定することが多いのもまた事実。18kg差は非現実的としても、もう少し“冒険”をしてもいいのかもしれない。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRAディープボンド「サウジ遠征回避」の要因に国内では「あり得ない」ハンデ差!? まさかの最軽量斤量に「これがあるべき姿」という声も……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!