NEW

JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!

JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!の画像1

 今回は古馬中距離路線の重要な一戦であるAJCC(G2)を予想したい。

 先週の日経新春杯(G2)は1着2着こそ順当に来たのだが、3着のヤシャマルをマークし損ねた。前走の中日新聞杯(G3)はローテーションの傾向としてアリだったので、吟味すれば買えたのだが、このレースの勝ち馬が出走していたのでそちらに重きを置いてしまった。軽ハンデを活かしての前残り、あっても当然だっただけに残念だ。

 さて、気を取り直して予想に戻ろう。

いつものように過去10年馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていく。
菊花賞、金鯱賞 各4頭
有馬記念、中日新聞杯、ディセンバーS(OP) 各3頭
福島記念、中山金杯 各2頭
凱旋門賞、天皇賞・春、天皇賞・秋、ジャパンC、アルゼンチン共和国杯、ステイヤーズS、チャレンジC 各1頭
条件特別(3勝クラス) 2頭
となっている。傾向らしい傾向が掴みにくいが、菊花賞(G1)を使っての明け4歳初戦にここを選ぶパターンが多いのだろう。有馬記念(G1)に関してはちょうどいいレース間隔なので、巻き返し狙いで使っているのだろう。金鯱賞(G2)も多いのだが、施行時期が変わっているので無視していいだろう。

続いて人気順の成績を見てみる。
1番人気 3-3-0-4
2番人気 3-1-2-4
3番人気 1-2-1-6
4~6番人気 1-2-5-22
7~9番人気 2-1-2-25
10番人気以下 0-1-0-49
となっている。1番人気、2番人気はそれなりに信用できそうだが、3番人気以下は吟味して狙い撃ちする必要がある。10番人気以下はわずか1頭しか馬券に絡んでいないので、大幅に割り引いていい。

JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!の画像2
オーソクレース

 これを踏まえて「◎」は11番オーソクレースとする。

 前走は菊花賞。タイトルホルダーにまんまと逃げ切りを許してしまったが、後方から直線よく伸びて2着を確保。

 今回のメンバー中唯一の前走・菊花賞組で、その上連対しているとなると人気するのは確実だが、外すわけにはいかないだろう。今回のコースもセントライト記念(G2)で3着と好走しており、ほぼ不安はない。

「ほぼ」と言ったのは、鞍上のC.ルメール騎手が昨年のチャレンジC(G3)以来重賞12連敗中なのが気にかかる。人気薄にも騎乗していたが、それ以上に人気していた馬も平気で飛ばしているので、どうにも信用しにくい。

 また、陣営からも「馬が幼い、勝負所での渋さも気がかり」という自信のないコメントが出ている。とは言え、ここまでのキャリアですべて馬券に絡んでいるのは、絶対的な能力値があってこそ。鞍上がヘマをしなければ順当に来るのではないか。

 続く「○」は穴っぽいところで13番スマイルを指名。

 前走は迎春S(3勝クラス)。4番人気とそれほど高評価ではなかったが、好位置から直線で先頭に取り付き、そのまま押し切って2馬身差の完勝。

 勝ち時計は褒められたものではないが、前走同コース、その上勝っている勢いを評価したい。また相性がいいのか、同コースでは5戦して3勝3着1回と好成績を収めている。

 不安点を挙げれば、5戦そろって時計が今ひとつというところ。速い時計での決着にならなければ好勝負できるとみている。

JRA【AJCC(G2)予想】川田将雅×ポタジェは即消し! C.ルメールに「不安あり」なら「あの穴馬」が絶好の狙い目!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは