NEW

JRA【東海S(G2)予想】福永祐一不在のオーヴェルニュは迷わず切り! 「単勝万馬券」級の穴馬の激走で高配当を狙う!

JRA【東海S(G2)予想】福永祐一不在のオーヴェルニュは迷わず切り! 「単勝万馬券」級の穴馬の激走で高配当を狙う!の画像1

 今回は今年初のダート重賞かつ、フェブラリーS(G1)へ向けての重要な前哨戦となる東海S(G2)を予想する。

いつものように過去10年馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていきたい。
チャンピオンズC(ジャパンCダート含む) 9頭
師走S(OP) 4頭
東京大賞典 3頭
みやこS、ベテルギウスS(L、OP) 各2頭
武蔵野S、アンタレスS、マーチS、名古屋GP、クイーン賞 各1頭
オープン特別 3頭
条件特別(3勝クラス) 2頭
となっている。やはりG2戦と格が高いので、チャンピオンズCと東京大賞典というG1を経由してきた馬が多い。特別戦からの臨戦馬も少なくないが、条件特別からの転戦馬は若干割引が必要か。

続いて人気順の成績が以下の通り。
1番人気 5−0−3−2
2番人気 2−2−0−6
3番人気 0−3−1−6
4〜6番人気 3−0−2−25
7〜9番人気 0−3−1−26
10番人気以下 0−2ー3−54
別定戦ということもあるのか、1番人気、2番人気は信用できる数字と言えるだろう。近5年に絞っても1番人気が3勝、2番人気が2勝と手堅い成績が残っている。逆に3番人気は信用しにくい上に近5年でも2着が1度あるだけだ。むしろ、それ以下の4〜6番人気の成績がいい。近5年で言えば10番人気以下の激走が2度あることにも留意したい。

 これらを踏まえて「◎」は15番サンライズホープを指名する。

 前走はチャンピオンズC(G1)。前も残れる展開ではあったが、3番手追走でそのまま見せ所なく馬群に沈んで15着と大敗している。

 着順で言えばもっと上位の馬も今回参戦しているが、注目したいのは中京コースとの相性の良さ。ダート1800mと1900mを合わせて4戦して2勝2着1回。前走のチャンピオンズCだけが例外になっている。しかも、ここ1年以内でこの成績。前走の大敗は度外視して、中心視できると判断した。

「○」は3番アイオライトとする。

 前走はベテルギウスS(L)。2走前の福島民友C(L)で番手から先頭に立って2着に好走したのが良かったのか、前走も逃げて2馬身半差を付ける完勝だった。

 戦績を見ると中団や後方からの競馬もできるようだが、成績は今一步。番手や逃げに良績が集中しているので、そういう脚質なのだろう。そして、今回のメンバーではどうしてもハナを主張したい馬がいないので、自分のペースで逃げられれば前走の再現は十分あり得る。

 1400mやマイルでは少し短く、1800m前後が適距離なようにも見えるので、内枠を引いたこともあり、有利に展開できる材料はそろっている。

「▲」は穴馬の16番プリティーチャンスを挙げる。

 前走は船橋のクイーン賞(G3)。不良馬場の中、ハイペースで逃げた馬を直線追いすがるがまったく歯が立たず、5馬身差付けられての3着。

 昨年の3着馬が同じローテーションで臨んでいたのもそうだが、2走前はみやこS(G3)で4着、3走前は条件特別でここを勝ち上がってオープン入りしている。キャリア13戦のうち、掲示板を外したのがわずか2回と非常に堅実な走りをしている。

 その割に異常に評価が低く、想定オッズも単勝万馬券という評価。牝馬で斤量が2kg減で出られるのも有利に働くに違いない。ここは狙っておきたい1頭だ。

JRA【東海S(G2)予想】福永祐一不在のオーヴェルニュは迷わず切り! 「単勝万馬券」級の穴馬の激走で高配当を狙う!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは