NEW

JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚

【この記事のキーワード】, ,

JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、テン乗りヘリオスで初制覇の大チャンスも逃げ馬には鬼門!? 「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚の画像1

 30日(日)、東京競馬場では根岸S(G3)が行われる。フェブラリーS(G1)へ最重要の前哨戦として定着しており、過去10年で4頭がこのレースをステップに上半期ダート王に輝いている。今年も目が離せない一戦となりそうだ。

 1年前の当レースで8着、続くフェブラリーSでは最下位16着に敗れたヘリオス(セ6歳、栗東・寺島良厩舎)がパワーアップして戻ってきた。

 20年4月にオープンに昇級すると、それ以降はほぼ東京1400mもしくは1600mにこだわって使われてきた。近2走は今回と同じ東京1400mのグリーンチャンネルC(L)と霜月S(OP)を勝利。どちらも上位人気に推されマークされる立場だったが、積極的にハナを奪い押し切る強い内容だった。

 新たな戦法で結果を残しているヘリオスだが、逃げ馬にとってこのレースは鬼門になっている。過去10年の逃げた馬の成績は「0-0-0-10」で、10頭中8頭が2桁着順に沈んでいる。最後の勝利は05年のメイショウボーラーまで遡らなければいけないほど、逃げ馬には鬼門のレースとなっている。

 ヘリオスが逃げるかどうかは、今回が初騎乗となる武豊騎手の腹次第だろう。根岸Sは過去12回騎乗し、10年サマーウインドと15年ワイドバッハで2度の2着はあるが、勝ち切れていない。13度目の挑戦で秘策はあるか。

 なお、ヘリオスは『サウジカップデー』のリヤドダートスプリント(G3)にも登録している。まずは国内重賞レースで結果を残し、選択肢を広げることはできるか。

 6歳にして前走・武蔵野S(G3)を制したソリストサンダー(牡7歳、栗東・高柳大輔厩舎)も主役候補の1頭だ。

 前走は中団から鋭く脚を伸ばし、2着エアスピネルに1.1/4馬身差をつけ、前年2着の借りを見事返した。

 その後はチャンピオンズC(G1)には向かわず、根岸Sをステップに陣営が「ベストの距離」と話すフェブラリーSへ向かう予定だ。本番には中2週になるため、次走を見据えての仕上げなら他馬にも付け入る隙がありそうだ。

 7歳という年齢も、やや割引材料になるかもしれない。過去10年の7歳馬の当レース成績は「1-1-1-30」とイマイチ。好走率は「0-2-4-31」の8歳以上にも見劣るほど。果たして前走重賞勝利の勢いが、このデータを覆すことはできるか。鞍上は16年モーニンに続き、このレース2勝目を狙う戸崎圭太騎手が引き続き騎乗する。

JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、テン乗りヘリオスで初制覇の大チャンスも逃げ馬には鬼門!? 「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚の画像2
ジャスパープリンス

 リステッド競走を2勝しているジャスパープリンス(牡7歳、栗東・森秀行厩舎)が国内では初めて重賞に挑戦する。

 20年と21年には本場アメリカのブリーダーズCに挑戦。2年前は15頭立てのBCスプリント(G1)で14着、昨年は8頭立てのBCダートマイル(G1)で最下位8着に敗れている。

 リステッドの2勝はどちらも中京1400mが舞台のエニフSで、左回りの1400mはベストの舞台。ただし、東京1400mでは2戦して、競走中止と16着と結果が出ていない。テン乗りとなる川田将雅騎手が、先行力を生かす展開に持ち込めるか。その手綱さばきに注目したい。

JRA【根岸S(G3)展望】「12戦0勝」武豊、連勝中ヘリオスで初制覇の大チャンスも…「6連勝中」の超新星クロパラントゥは除外が濃厚のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは