NEW

JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソード

JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソードの画像1

 30日、中京競馬場で行われるシルクロードS(G3)に出走予定のメイケイエール(牝4歳、栗東・武英智厩舎)は、池添謙一騎手とのコンビで復活勝利を狙う。

 高松宮記念(G1)の前哨戦となる重賞は、昨年に続いて今年も中京競馬場が舞台となる。過去10年で、10番人気以下の人気薄が3着以内に入ったケースが8回あり、1番人気の勝利は2勝のみ。ハンデ戦らしく、波乱含みのレースになっている。

 その一戦で、1番人気が予想されるメイケイエールは重賞3勝、G1でも4着2回と相手関係的にも力が抜けている存在だが、チューリップ賞(G2)を制して以降は3連敗中だ。

 前進気勢の強いメイケイエールに騎乗した騎手は、これまで暴走気味のレースに手を焼いてきた。横山典弘騎手、池添騎手が戒告処分を受けるなど、ちぐはぐな競馬が続いている。

 しかし前走のスプリンターズS(G1)では、折り合いを欠きながらも4着と好走。7番人気の低評価を覆し、改めて力があることを証明した。

 今回も注目を集めるメイケイエールだが、前走のスプリンターズSが初コンビとなった池添騎手の騎乗するきっかけが、さすが「持っている」と言いたくなる経緯だった。

 池添騎手が、その「持っている男」ぶりを振り返ったのは、『netkeibaTV』で配信されている『謙聞録-kenbunroku-』の動画内でのこと。

 当初、スプリンターズSで騎乗予定だったダイアトニックが、前哨戦となるキーンランドカップ(G3)を使った後に調子を落とし、陣営から回避するという電話があった池添騎手。その時、たまたま目の前にいた武英調教師にその経緯を話すと、主戦の武豊騎手が凱旋門賞(仏G1)で乗れなかったこともあり、「メイケイエール乗ってもらえますか」と直接オファー。ダイアトニック回避の電話から、わずか5分後にはメイケイエールの騎乗が決まったとのことだった。

 宝塚記念(G1)、有馬記念(G1)を計7勝、代打騎乗でのG1勝利をするなど、ファンの間でも「持っている」というイメージが強い池添騎手ならではのエピソードといえるだろう。

JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソードの画像2
池添謙一騎手 撮影:Ruriko.I

 スプリンターズS終了後、次走以降もメイケイエールに乗りたいかという質問に対し、「自分が乗りこなして、結果を出したい気持ちはすごく持っている」と、続投を志願した池添騎手も手応えを掴んだのかもしれない。
 
 桜花賞(G1)でのソングライン、スプリンターズSでのタイセイビジョン、エイティーンガールなど、暴走したメイケイエールの被害を受けた馬が、次走で好走するという不名誉な話題もネットで盛り上がった。

 約4ヶ月の休養を挟んだお転婆娘の復帰戦。「持っている男」池添騎手は、クセ馬を乗りこなす騎乗技術で久々の重賞勝利をプレゼントできるだろうか。

(文=長尾りょう)

<著者プロフィール>
 はじめての競馬、ジャパンCで5番人気シュヴァルグランの単勝を当て、競馬にハマる。オルフェーヴルのように強いが、気性が荒く、成績にムラのある馬が大好き。今までで1番忘れられない馬券は、2018年の有馬記念ブラストワンピースの単勝。

JRAシルクロードS(G3)「持ってる男」池添謙一メイケイエール決定はわずか5分!? 武豊、横山典弘でも乗りこなせなかった「癖馬」との仰天エピソードのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?