NEW

JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星

【この記事のキーワード】, ,

JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星の画像1

 23日、中京競馬場で開催されたダートの中距離重賞・東海S(G2)を制したのは、7番人気の伏兵スワーヴアラミス(牡7、栗東・須貝尚介厩舎)。先に抜け出した1番人気オーヴェルニュをゴール前で強襲し、3つ目の重賞勝ちを飾った。

 東西で重賞が行われたこの日は、中山競馬場のAJCC(G2)を横山典弘騎手とキングオブコージが勝利。近8戦でコンビを組んだ人馬による見事なレースだったが、東海Sのスワーヴアラミス&松田大作騎手のコンビもまた、近9戦(計15戦)で苦楽を共にした名コンビでもあった。

 小雨の降る中で行われたフルゲート16頭立てのダート1800m戦。レースは、2枠3番の内枠を生かして単騎逃げを狙うアイオライトを、1番人気オーヴェルニュと2番人気サンライズホープがどっしりと構える展開となった。

 対するスワーヴアラミスは、松田騎手が出ムチを入れるシーンもありながら、行きっぷりはそれほどでもなく、道中は10番手の後方から追走する形。当初のプランでは好位での競馬もイメージにあったのだろう。

 だが、結果的に行き過ぎなかったことが、最後の直線に向けた末脚を溜める好結果を生んだのだから、上手くいくときとは案外そういうものなのかもしれない。

 雨が降っていたとはいえ、脚抜きのいい重には遠い良馬場のダートが、先行各馬のスタミナを奪っていく。地力で勝るオーヴェルニュとサンライズホープが、早めに抜け出すと最後は我慢比べとなった。

 お互いを意識した人気2頭が叩き合いを演じる中、外からただ1頭、次元の違う脚色で伸びて来たスワーヴヴアラミスに中京の長い直線も味方した。余力の残っていなかったオーヴェルニュは、半馬身遅れて2着。サンライズホープは3着争いでも後れを取って4着と敗れてしまった。

「底力を見せたオーヴェルニュでしたが、ベテランの福永祐一騎手から若手の団野大成騎手に乗り替わったことも大きかったと思います。重賞で勝ち負けの馬に騎乗したこともあってか、勝負を急ぎ過ぎましたね。

サンライズホープもオーヴェルニュが早めに上がって来たため、仕掛けるタイミングがワンテンポ、ツーテンポ早くなったことも響きました。最後の粘りを欠いたのも、これが影響したのでしょう」(競馬記者)

 展開としては恵まれた感もあるスワーヴアラミスだが、過去に2勝したG3とは異なり、7歳にして初のG2勝ちは明るい材料だ。そしてこれは鞍上の松田大作騎手にとっても、待望のタイトルでもある。

 1997年にデビューした同騎手だが、これまで重賞勝ちはG3までしか経験がなかったことは少々意外にも感じられる。

JRA「僕にとって初」人馬揃って晩成タイプ!? 乗り替わりでG1勝たれた苦労人から意外過ぎるコメント、デビュー「26年目」でようやく手にした殊勲星のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは