NEW

JRA武豊のイメージを「完全払拭」したキタサンブラック、最強候補イクイノックスも証明した「キャラ変」の決定打とは

JRA武豊のイメージを「完全払拭」したキタサンブラック、最強候補イクイノックスも証明した「キャラ変」の決定打とはの画像1

 23日、中京競馬場で行われた6Rの3歳・新馬(芝1600m)は、坂井瑠星騎手のキタサンシュガー(牝3、栗東・清水久詞厩舎)が快勝。7番人気の伏兵評価ながら、鋭い末脚を繰り出して先行勢をまとめて差し切った。

 同馬の父は、昨年産駒がデビューした新種牡馬のキタサンブラック。そして、管理する清水久詞調教師と北島三郎オーナーは、七冠馬である父と同じ組み合わせ。主戦を任されていた武豊騎手が騎乗していなかったことは残念だが、見どころ十分な走りだっただけに、今後も注目の1頭となりそうだ。

 そんなキタサンシュガーだが、1分37秒7の勝ちタイムを遅いと感じるのは早計だ。時計からも察しがつくように、このレースは前半3F36秒5に対し、後半3F35秒1の後傾ラップ。スローペースに落ち着いたこともあり、掲示板に名を連ねたのは勝ち馬以外、すべて前々でレースをしていた組だった。

 展開的に前残りとなった中、キタサンシュガーがただ1頭次元の違う切れ味で伸びたことに意味がある。

「折り合いはつきましたし、最後の脚もいいモノを持っていますね。これからが楽しみ」

 レース後、勝利へと導いた坂井騎手はそう振り返ったものの、このコメントで気になったのは、いいモノを持っていると評した最後の脚という言葉だ。

 武豊騎手とコンビを組んだ現役時代のキタサンブラックのイメージは、どちらかというと優等生的なレース内容が多かったため、好位につけて早めに抜け出すスタイルの印象が根強く残っている。何しろキャリア20戦の内、17戦を終始2番手以内のポジション。引退レースとなった2017年の有馬記念(G1)も見事な逃げ切りで勝利している。

 また、敗れたレースで後ろの馬に交わされるシーンも多く、どうしても切れる脚が合うイメージが伴わないのも無理はない。それだけに、キタサンブラック産駒もまた、父と同じく先行抜け出しが武器の馬を思い浮かべた関係者やファンも多かっただろう。

 しかし、実際に産駒がデビューすると、イメージが一変する。

 これまで16勝を挙げているが、16勝中10勝で上がり3ハロン最速の脚を駆使しての勝利。さらには、最速ではなかった6勝のうち5勝も3位以内なのだから末脚は切れに切れている。この結果からも、優等生のイメージが強かった父とは異なり、産駒に関しては鋭い末脚が魅力といえるだろう。

JRA武豊のイメージを「完全払拭」したキタサンブラック、最強候補イクイノックスも証明した「キャラ変」の決定打とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは