NEW

JRA 横山武史が最終レースで「してやったり」の神騎乗! ファンも大絶賛の騎乗の伏線はAJCC(G2)!?

JRA 横山武史が最終レースで「してやったり」の神騎乗! ファンも大絶賛の騎乗の伏線はAJCC(G2)!?の画像1

 23日、中山競馬場で行われたアメリカジョッキークラブC(G2、以下AJCC)は横山典弘騎手のキングオブコージが外から鋭く伸びて優勝。ロングラン開催の影響で内の馬場は荒れてスピードが出にくいとされており、上位に食い込んだ馬も軒並み外を選択した馬たちが占めていた。

 その一方で、唯一内を突いて上位に食い込んだのが、3着だった横山武史騎手のボッケリーニ(牡6歳、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

「内を突くつもりはなかったのですが……」

 横山武騎手も、当初は父が選択したように外を走ることを決めていたようだ。しかし、4コーナーで前を走るソッサスブレイが失速し始め、外がゴチャつく展開に。外へ出しても窮屈な競馬になると判断した同騎手は、皆が嫌ってぽっかり開いた最内を選択。

 進路を確保したボッケリーニは、若干内へモタれながらもしぶとく脚を伸ばして3着を確保。結果的に負けてしまったが、一瞬アッと言わせる見せ場も作っており、馬券を購入したファンの大部分は満足できたように思える。

 そんな横山武騎手がファンを更に驚かせたのが、40分後に行われた最終レースだ。

 同騎手は3番人気のリーガルバトル(牡5歳、美浦・高橋文雄厩舎)に騎乗した。同馬は絶好のスタートからハナを取る構えを見せたが、1頭行きたがる馬がいたため、譲って3番手からの競馬に。

 経済コースを器用に立ち回ると、直線は1頭だけラチ沿いを選択。コーナーワークで、リーガルバトルは早々に単独先頭に躍り出る。

 荒れた馬場を走っていたため、直線半ばで止まると思われたが、一向に脚色が衰える気配を見せず。外から伸びた2着馬に1馬身差をつける完勝に、横山武騎手はゴール後、小さくガッツポーズをして、馬の首筋を幾度も撫でて健闘を称えていた。

JRA 横山武史が最終レースで「してやったり」の神騎乗! ファンも大絶賛の騎乗の伏線はAJCC(G2)!?の画像2
横山武史騎手

 荒れたコースを選択した理由について同騎手は「自分としてはインの馬場状態も悪くないと見ていたので、ロスなく競馬をしました。リスクもありましたが、結果的にうまくいきました」と、ニンマリ。

 関東のホープの好騎乗に、ネット上の競馬ファンもSNSや掲示板を通じて「これは神騎乗」「武史くん最高!」など大絶賛が相次いだ。

JRA 横山武史が最終レースで「してやったり」の神騎乗! ファンも大絶賛の騎乗の伏線はAJCC(G2)!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合