NEW

JRA C.ルメールと横山武史が「バチバチ」の潰し合い! 真打ち登場に揺れる砂上の楼閣、首位陥落は時間の問題か

【この記事のキーワード】, ,
JRA C.ルメールと横山武史が「バチバチ」の潰し合い! 真打ち登場に揺れる砂上の楼閣、首位陥落は時間の問題かの画像1
川田将雅騎手

 年始の中央開催も残すところあと1週となり、今週からは舞台も中山から東京へと替わる。順調に勝ち星を積み重ねた騎手がいる一方で、思わぬ苦戦を強いられている騎手もいるが、現時点で頭一つ抜け出しているのが川田将雅騎手だ。

 開幕で躓いた昨年は初勝利まで26連敗と大ブレーキだったが、今年はまるで別人のように勝ち星を量産している。全国騎手リーディングでは、17勝を挙げてダントツの首位。12勝で2位のC.ルメール騎手、11勝で3位の横山武史騎手をリードした。

 しかし、このまま首位固めすることが出来るのかとなると、早くも黄色信号が灯っているのかもしれない。

 なぜなら既に先週の中山で、首位陥落の予兆が見えていたからである。

JRA C.ルメールと横山武史が「バチバチ」の潰し合い! 真打ち登場に揺れる砂上の楼閣、首位陥落は時間の問題かの画像2
C.ルメール騎手

 1月5日の開催初日から先週の23日まで8日間を皆勤していた川田騎手に対し、恒例の正月休みを取っていたルメール騎手は、9日から参戦で6日間の騎乗。横山武騎手にしても騎乗停止処分を受けた関係で15日、16日の騎乗はなくこちらも6日間の騎乗だった。

 2日のハンデをもらっていたと考えた場合、2位ルメール騎手との5勝差は、あまり意味を成さないともいえるだろう。

 そして、首位陥落のXデーが近いことを予感させたのが先週の中山におけるルメール騎手と横山武騎手のガチンコ対決だ。

 この日、中山1Rからいきなり始まった直接対決は、横山武騎手が勝利してルメール騎手は3着に敗れた。その後の4Rも横山武騎手が勝利したが、8Rまで両者が代わる代わる勝利。トータルでルメール騎手3勝、横山武騎手4勝に終わった。

 翌日の中山ではルメール騎手が3勝、横山武騎手が2勝で終わったが、土日合わせてこの2人のワンツーフィニッシュは5回もあったように、デッドヒートを繰り広げていたのである。

「格の違いを見せて年始のリーディングに君臨していたC.デムーロ騎手が帰国したため、他の騎手からすると“目の上のこぶ”が取れた状況となりました。川田騎手の1位は、その恩恵も大きかったと思います。

ですが、ルメール騎手と横山武騎手の猛チャージを見せられると、今年もまたリーディングジョッキーの座は難しそうな雰囲気ですね。勝ち負け濃厚な馬ばかりに絞って、騎乗数を減らしているのも苦戦を強いられている一因でしょう」(競馬記者)

 事実、毎年のようにリーディング上位につけている川田騎手だが、トップのルメール騎手に対して騎乗数はかなり少ないといえる状況だ。2019年こそルメール騎手との差は65だったものの、20年187、21年324と差は開く一方。この数字を見せられると、リーディング奪取を目論むには少々無理がある気もしてくる。

 川田騎手としては、自身のパフォーマンスなども考慮した上で落ち着いた現在のスタイルなのだろう。かつては日本人騎手によるリーディングジョッキーを目標に掲げていたものの、近年で何かしら心境の変化があったのだろう。

 だとすれば、昨年大ブレイクした横山武騎手の台頭が著しい今年。場合によっては2位の座も危うくなる。そういう意味では、川田騎手のリーディングトップも砂上の楼閣に過ぎないのかもしれない。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA C.ルメールと横山武史が「バチバチ」の潰し合い! 真打ち登場に揺れる砂上の楼閣、首位陥落は時間の問題かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは