NEW

JRA 1年で一番面白いレースは根岸S(G3)!? フジテレビ名物実況・青嶋アナの「神実況」と競馬大好き人気芸人も愛した「鬼脚」牝馬

JRA 1年で一番面白いレースは根岸S(G3)!? フジテレビ名物実況・青嶋アナの「神実況」と競馬大好き人気芸人も愛した「鬼脚」牝馬

 今週末の中央競馬は東西で2つの重賞が組まれている。30日、中京競馬場では芝1200mのシルクロードS(G3)、そして同日の東京競馬場ではダート1400mの根岸S(G3)が行われる。

 どちらも後のG1につながる重要な前哨戦だ。そんな両方のレースを制した馬が1頭だけいる。2000年2月にシルクロードSを、同年11月に根岸Sを制覇したブロードアピールである。

 昨年2月に定年引退した松田国英調教師が管理し、G1タイトルには縁がなかったが、芝とダートの短距離重賞を合計6勝。生涯で5億円以上の賞金を稼ぎ出した名牝だった。

 ブロードアピールを語る上で欠かせないレースが自身重賞2勝目を飾った2000年の根岸Sだろう。当時は現在より1ハロン短い、今は無き東京1200mが舞台。すでに6歳秋を迎え、久々のダート戦だったにもかかわらず堂々の1番人気に支持された。

「ブロードアピールは重賞初勝利が6歳になってからという晩成タイプの馬でした。8歳3月まで現役で走り、当時から強烈な差し脚で人気を集めていました。特に根岸Sで見せた鬼脚は今も語り草になっています。

もちろん最後の直線で14頭をごぼう抜きにした末脚もスゴかったのですが、このレースに彩りを加えたのが実況を担当したフジテレビ・青嶋達也アナウンサーの熱い実況でした」(競馬誌ライター)

 レースは3番人気エイシンサンルイスがハナを奪い、マイペースの逃げ。前半3ハロン34秒1と決して速い流れではなかった。実際にエイシンサンルイスは2着に逃げ粘り、3~4着馬も4角4番手以内という前残りの展開だった。

 そんなレースでブロードアピールは直線大外をブン回して、1頭だけ違う脚色で追い込んできた。残り400mを切った辺りでもまだ後方3~4番手にいたが、青嶋アナはいち早くその伸び脚を察知。残り300m地点で、すでにブロードアピールの名前を叫んでいたのだ。

「『外から飛んできたブロードアピール!しかし前までは5~6馬身以上ある』と、絶叫した青嶋アナですが、実際に映像を見るとこの時点(残り200m)でもまだ10馬身近くの差があったように見えます。しかし、あっという間に差を縮め、最後は余裕を残して差し切りました」(同)

JRA 1年で一番面白いレースは根岸S(G3)!? フジテレビ名物実況・青嶋アナの「神実況」と競馬大好き人気芸人も愛した「鬼脚」牝馬のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  4. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  9. JRAイクイノックスは「10番目」の地雷!? C.ルメール泥沼29連敗から脱出も…ダービーで追い風吹くのは「失態続き」の武豊
  10. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡