NEW

JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは

【この記事のキーワード】, ,

JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とはの画像1

 2022年に年が替わって、早くも1月が終わろうとしている。中央競馬では、東の主場が約2ヶ月間続いた中山開催から東京開催へ移行する。

 また、年が替わったことにより、騎手のリーディングも全てまっさらな状態になった。上位も中堅も関係なく全員が0勝からスタートし、1勝ずつ積み上げていくこととなる。

 リーディングがリセットされたことにより、いつもでは見られない光景が見られている。現在、5年連続首位のC.ルメール騎手を抑えて、川田将雅騎手が単独首位となっている。

 さらに10日を最後に短期免許期間が終了したC.デムーロ騎手が、年初開催で勝ち星を量産したため全国7位に奮闘している。デムーロ騎手に関しては、まさにレース数の少ない1月時点だからこそ、上位に食い込んでいるといえる。

 そして、関東リーディングでも珍しい現象が起こっている。23日の開催終了時点での同リーディングは以下の通りだ。

1位 横山武史 11勝
2位 横山和生 9勝
3位 吉田隼人 7勝(2着8回)
4位 菅原明良 7勝(2着5回)
5位 横山琉人 6勝
(敬称略)

JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とはの画像2
横山武史騎手

 1位の横山武史騎手は現在2年連続関東リーディングを獲得中。早速3年連続の受賞を射程圏内に入れたといったところだろうか。続く横山和生騎手は、昨年大きく飛躍した騎手の1人。昨年の好調ムードを今年もキープしているようだ。

 3位の吉田隼人騎手は近年勝ち星を量産する傾向にあり、菅原明良騎手も横山武騎手と並び関東期待の若手に挙げられる騎手。ここまでは昨年までの活躍ぶりが頭に入っていれば、さほど驚くことはないだろう。

 驚くべきは5位の横山琉人騎手だ。昨年デビューの2年目で、同期の騎手には永島まなみ、古川奈穂など8人もいる。1年目は同期内では5番目の9勝だったが、今年はもちろん同期で1番の勝ち頭となっており、全国でも15位と好調だ。

「3キロの減量騎手ということもあり、逃げ切りが目立ちますが、4・5勝目は追い込んでの勝利。昨年の9勝のうち8勝は逃げ・先行でしたので、単純に騎乗技術の向上が今の成績に直結している気がします。

これで関東トップ5の座を、横山姓3名が占めたことになります。唯一漏れている横山典弘騎手ですが、既に重賞2勝と存在感を発揮しています。この状況が続けば『横山時代』が到来と言われるでしょう」(競馬誌ライター)

JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  2. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  3. JRA【日本ダービー(G1)予想】川田将雅×ダノンベルーガは迷わず切り! 期待値の高い実績馬の好走で意外な高配当をいただく
  4. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  5. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  6. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは
  7. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  8. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  9. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  10. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!