NEW

JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血

【この記事のキーワード】, ,

JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血の画像1

 新馬戦で華々しいデビューを飾り、G1級の期待をされながら、その後の成績が振るわなかった馬は、これまで何頭も存在した。

 ただ、自身の現役時代の成績が期待ハズレに終わった馬でも、引退後に産駒から大物が生まれるケースがある。重賞すら勝てなかった母が、G1を勝つ産駒を出すこともまた、血統のスポーツといわれる競馬のロマンだろう。

 ロカもそんなロマンを感じさせる繁殖牝馬の1頭だ。

 この名前を聞いてピンときたら、ちょっとした競馬マニアといっていいかもしれない。

 2014年11月京都の2歳新馬(芝1800m)でデビューしたロカは、ただ1頭モノの違う内容で楽勝した。このときのラスト3ハロンのレースラップは、11秒8-11秒0-11秒0の究極の上がり勝負。展開も逃げ先行勢に圧倒的有利な1000m通過が64秒1という、新馬戦でも超のつくスローペースだったのだ。

 16頭立てで行われたレースで、ロカは道中を9番手の後方で追走。常識的に考えてとても届かないような位置取りながら、スローを味方に粘り込む先行勢を一飲み。それもゴール前でギリギリ交わす辛勝でもなく、3馬身という決定的な差をつけて突き抜けた。

 勝ちタイム1分50秒4も優秀なら上がり最速33秒2の切れ味も文句なし。レースを目撃したファンにG1級のイメージを残したのも無理はない。2戦目に阪神JF(G1)を選択したのは、スケールの大きさを感じた陣営の自信の表れだったに違いない。

 だが、1番人気に支持したファンの期待とは裏腹に、ロカはあまりにも呆気なく8着に敗れる。1枠1番の最内に入ったロカはスタートで大出遅れ。道中で中団まで押し上げたが、デビュー戦で見せたような強烈な末脚は不発に終わった。

 その後も、能力の一端は見せつつも、出遅れ癖やノド鳴りの重症化もあって6戦1勝というキャリアで引退して繁殖入り。鮮烈なデビューを飾った超大物候補としては、残念な成績で競走生活に別れを告げる。

 そんなロカの名前に再びスポットライトが当たることになったのが、ドゥラドーレス(牡3、美浦・宮田敬介厩舎)の登場だ。同馬は、昨年11月の東京芝1800mを後方から鮮やかな差し切り勝ち。母の現役時代を彷彿させる鋭い切れで、そのポテンシャルの高さを見せつけた。

 そして、2戦目に選ばれたのが、30日に東京競馬場で行われるセントポーリア賞(3歳1勝クラス・芝1800m)である。

JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは