NEW

JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭

JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭の画像1

 30日、中京競馬場では今年最初のスプリント重賞・シルクロードS(G3)が行われる。春のスプリント王決定戦である高松宮記念(G1)を視野に入れる23頭がエントリーした。

 ハンデ戦ということもあり、頭数の多さに比例して斤量も様々。最軽量の51キロに始まりトップハンデは57.5キロと、6.5キロもの差がついた。重賞ながらこれほどの差があるため、難解な一戦といえる。

 そんなハンデ重賞で実績上位の存在として注目されている1頭が、かつてクラシック候補の1頭とも呼ばれた古豪ジャンダルム(牡7歳、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

 2歳時は重賞1勝、G1で2着の活躍を見せたが、その後低迷。しかし、近年は短距離中心に使われたことで、デビュー当初の輝きを取り戻しつつある。年齢を重ねたことで、名スプリンターだった母ビリーヴの血が強く出て来たのかもしれない。

 そして、今年明け7歳となる始動戦の鞍上に抜擢されたのが、デビュー7年目の荻野極騎手だ。

 本馬と同騎手がコンビを組むのは、実は4走ぶりで通算5回目である。初コンビとなった20年信越S(L)でいきなり勝ち星を得ると、その後も3戦連続で1勝3着1回と結果を出し、相性の良さをアピール。誰もが主戦の座を掴んだと思ったはずだろう。

 ところが、陣営は3走前の北九州記念(G3)で荻野極騎手から福永祐一騎手へのスイッチを決断。また、2走前は福永騎手が別の馬に乗るため鞍上が空いたにもかかわらず、当時はテン乗りだった浜中俊騎手が乗ることとなった。結果を出していた荻野極騎手だったが、乗り替わりの憂き目に遭ってしまったのだ。

 だが、実績十分な福永騎手や浜中騎手でも結果が出なかった影響か。巡り巡って再び荻野極騎手に騎乗が舞い込んだ。

「うーん……陣営からすれば昔から懇意にしている騎手に頼んで、スプリンターズS(G1)や重賞を勝利する確率を高めたかったと思います。ただ、乗り替わりが逆に仇となってしまいました。

福永騎手が乗った3走前と浜中騎手が初めて乗った2走前は、いずれも騎手が認めているように出遅れが敗因。そして、前走のスプリンターズSはゲートこそは出たものの、使い詰めのローテーションや厳しいゲート練習のツケが回って、見せ場なく敗れています。

一方、荻野極騎手が騎乗した際は、これといった出遅れが無いんですよね。それほど手が合っていたといえます。

ですから、荻野極騎手にチャンスが再び回ってくるのは当然な気がします。是非とも頑張ってほしいです」(競馬記者)

JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは