NEW

JRA 新興一口クラブの救世主は武豊!? 賞金占有率60%超「看板馬」引退で大ピンチも「次世代エース」がレジェンド鞍上で再始動!

【この記事のキーワード】, ,
JRA 新興一口クラブの救世主は武豊!? 賞金占有率60%超「看板馬」引退で大ピンチも「次世代エース」がレジェンド鞍上で再始動!の画像1
ディープモンスター 競馬つらつらより

 今週末からいよいよ東京開催がスタートする。30日にはフェブラリーS(G1)前哨戦の根岸S(G3)が行われるが、前日のメインレース・白富士S(L)も注目度が高い一戦だ。

『netkeiba.com』の予想オッズを見ると、5番人気までを明け4歳馬が占めている。中でも注目は牡馬クラシックを皆勤し、休み明けの菊花賞(G1)で5着に好走したディープモンスター(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)だろう。

 その前走は主戦の武豊騎手が騎乗し、中団で脚を溜めると、直線外に持ち出され、しぶとく脚を伸ばした。勝ったタイトルホルダーには1秒0差をつけられる完敗だったが、2着オーソクレースとは0秒2差。レースを一度使われた上積みも期待でき、ここは通過点の可能性もある。

 鞍上は引き続き武騎手が務め、1着で賞金加算が至上命題だろう。そんなディープモンスターの活躍を渇望しているのが、同馬を所有する一口馬主クラブ法人のDMMバヌーシーだ。

 同クラブは2016年に設立された新興クラブで、15年生まれの3頭からスタート。初年度からキタノコマンドールが皐月賞(G1)と日本ダービー(G1)に出走する快挙を遂げたが、キタノコマンドールはダービー後に屈腱炎を2度発症し、キャリア4戦で種牡馬入りした。

JRA 新興一口クラブの救世主は武豊!? 賞金占有率60%超「看板馬」引退で大ピンチも「次世代エース」がレジェンド鞍上で再始動!の画像2
ラヴズオンリーユー

 そして、程なくして登場したのが後にG1を4勝することになる名牝だった。13頭が募集された2年目の世代に名を連ねていたのが昨年末でターフを去ったラヴズオンリーユーである。

 総額2億4000万円以上という破格の金額で募集されたリアルスティールの全妹にあたる良血馬は、デビューから4連勝でオークス(G1)を制覇。その後は一時スランプに陥ったが、5歳になって復活し、昨年だけで海外G1を3勝した。通算成績は16戦8勝で、稼ぎ出した賞金総額は9億4487万円に上った。それゆえ、DMMバヌーシーにとって「看板馬」の引退は大きな痛手となっている。

 クラブから49頭がデビューしたものの、ラヴズオンリーユーはその中で唯一の重賞ウイナーだった。これまで49頭が稼ぎ出した獲得賞金は総額15億6548万円だが、ラヴズオンリーユー1頭が全体の60.4%を占有している。

 ラヴズオンリーユーの引退に伴い現役馬で最も賞金を稼いでいるのが、オープン馬のエブリワンブラックで6895万円。ただし昨年7月に3勝クラスを突破して以降は、頭打ち状態となっている。

 そんなDMMバヌーシーの救世主となり得る次なるスター候補がディープモンスターというわけだ。

 奇しくも白富士Sが行われる翌日に東京競馬場パドックでは、ラヴズオンリーユーの引退式が行われる。ディープモンスターは偉大な大先輩の引退式に花を添え、次の「看板馬」としての第一歩を勝利で踏み出すことができるだろうか。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA 新興一口クラブの救世主は武豊!? 賞金占有率60%超「看板馬」引退で大ピンチも「次世代エース」がレジェンド鞍上で再始動!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  3. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  4. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  5. JRA 日本ダービー(G1)競馬ファンなら知っていて当然? 武豊と「キンコンカン」の密接な関係…出会い、絶縁、屈辱を味わった超大物たち
  6. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  7. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  9. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  10. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠