NEW

JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ

JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケの画像1
アーモンドアイ

 1月もまもなく終わろうとしているが、サラブレッドにとっては今月以降、お産シーズン真っ只中となる。

 先日も、一昨年現役を引退したアーモンドアイが、無事に初仔を出産したことが話題となった。G1で史上初の9冠を成し遂げた女傑のはじめてのお相手には、エピファネイアが選ばれた。

 エピファネイアと言えば、今最も注目されている種牡馬の一頭である。初年度産駒のデアリングタクトがいきなり無敗の三冠牝馬になったかと思えば、次年度産駒のエフフォーリアがこれまた大活躍。エフフォーリアは2021年のJRA年度代表馬にも選出された。

 種付け料の推移にも、エピファネイアに対する期待の高さが表れている。種牡馬としてデビューした初年の2016年から、2019年までは種付け料は250万円だった。2020年に500万円、2021年には1000万円と倍増していたが、なんと今年は1800万円。

 ロードカナロアやキズナ、また今年種牡馬デビューを果たすコントレイルなど錚々たる面々をおさえて、2022年の種付け料ランキングでは国内トップに立った。

 だが、種牡馬として向かうところ敵なしにも見えるエビファネイアに、ある疑惑が囁かれはじめていることもまた事実だ。

 産駒が全体的に「早熟傾向」なのではないかと言う疑念である。

 エピファネイア産駒の中で古馬4歳以上に限ると、ここまでの全レース対象の勝率は4.5%で単勝回収値は11円であった。牝馬に限定するとさらに低く、勝率わずか1.5%、単勝回収値3円という数値である。

 現5歳が初年度産駒のため、対象となるレース数はそれぞれ全体が143、牝馬に限定すると65とサンプル数が決して充分とは言えない面はある。それにしても、これらの数値の元となっている馬が新馬戦や未勝利戦を勝ち上がって現役を続行してきたことを思えば、物足りなく感じてしまうこともまた事実だ。

 エピファネイア産駒というと、重賞で勝ち星を量産しているイメージを持つ人も多いはず。しかし、意外にも古馬の重賞制覇は1度だけで、昨年のアリストテレスのAJCC(G2)勝ちが今のところ最初で最後だ。

JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは