NEW

JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影

【この記事のキーワード】, , ,
JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!?  忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影の画像1
武豊騎手

 水曜日は大井、土日は東京と今週は何かと関東圏での活動が目立つ武豊騎手。残念ながら26日のTCK女王盃(G3)でのリネンファッションは9着に終わったが、落ち込んではいられないだろう。

 29日はデビュー戦で手放しに絶賛したジュタロウをはじめ、懇意にする『Cyber Agent』の藤田晋代表が所有するデュガ、昨年のクラシックを共にしたディープモンスターが控えている。3頭とも1番人気候補の期待馬であるため、上手くいけば全勝もあり得る豪華ラインナップだ。

 さらに、翌30日は根岸S(G3)でヘリオスに騎乗する。26日の最終追い切りに騎乗した武騎手は自身のオフィシャルサイト内で「動きの良さとともに、操縦性の良さを感じました」と、初騎乗の同馬を高く評価。「相手は揃いましたがチャンスと思って乗せてもらいます」と、根岸S初勝利を意気込んでいる。

 そしてもう1頭、武騎手が絶賛している馬がいる。デビューを控える新馬ブラックノワール(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)だ。

 父はキタサンブラック、母ブラックエンブレム。G1・7勝馬と秋華賞(G1)優勝馬の間に生まれた「8冠ベビー」である。名前も両親の共通名である「ブラック」を強く連想させるものとなっており、後半の「ノワール」もフランス語で「黒」の意味をもつ。

 一頓挫あった影響で、デビューがここまで遅れたが、中間の追い切りでは「8冠ベビー」の称号に相応しい軽快な動きを連発。

 特に武騎手を背に行われた26日の追い切りでは、栗東CWで7ハロン82.1秒、ラスト1ハロン11.8秒と好時計をマーク。武騎手も同サイトで「稽古の動きも良くなってきています」と、太鼓判を押している。

「武豊騎手がオフィシャルサイトでデビュー前の馬に触れられることは、あまり無いですからね。ジュタロウやディープモンスターが週末に控えているなか、それら実力馬を差し置いてブラックノワールに触れるのは、それだけ期待している表れではないでしょうか。

武騎手は19日の追い切りにも騎乗していますから、本当に良い馬と思っているんでしょうね。

また、ブラックエンブレムの産駒は活躍馬が多いのが特徴です。ブライトエンブレム・ウィクトーリアといった重賞勝ち馬もいます。私も活躍できると秘かに期待しています」(競馬記者)

JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは