NEW

JRA「早く止めたい!」岩田望来は何故、重賞で勝てないのか。昨夏「焦りはない」から約半年、現在93連敗中…

【この記事のキーワード】, ,
JRA「早く止めたい!」岩田望来は何故、重賞で勝てないのか。昨夏「焦りはない」から約半年、現在92連敗中…の画像1
岩田望来騎手 撮影:Ruriko.I

 26日、『netkeiba.com』の人気対談企画『競馬対談with佑』が更新され、先週から引き続き岩田望来騎手が登場。ホスト役の藤岡佑介騎手と興味深いジョッキー対談を繰り広げた。

 詳細はぜひ本対談をご覧いただきたいが、岩田望騎手が思わず「ちょっと焦ります」と話したのが、未だ重賞を勝てていない状況についてだ。

 デビュー3年目となった昨年は88勝を挙げ、リーディングでも6位と早くもトップジョッキーの仲間入りを果たした感のある岩田望騎手。関東の若手を牽引するのが、昨年大ブレイクした横山武史騎手なら、関西の若手の筆頭はこの若武者に違いない。

 しかし、その一方で何故かデビューから重賞勝利には縁がない。

 初勝利こそ時間がかかったが、重賞初騎乗はデビューから約3か月後のCBC賞(G3)と、同期の中でも順調な滑り出しを見せていた岩田望騎手。しかし、そこから足掛け約3年、現在の重賞連敗は93まで伸びてしまっている。そこは本人も「早く止めたいです!」と気にしているようだ。

「対談の中で、本人は『(重賞では)丁寧に乗りすぎてしまうところがあるかも』と話していますが、正直、岩田望騎手が重賞を勝っていないことは、記者の間でも時々話題になっています。若手の中でも頭一つ抜けた騎手であることは成績を見ても明らかですし、昨年は同じ若手の注目株・横山武騎手がバンバン大きなレースを勝ちましたから、余計に岩田望騎手が勝てないことがクローズアップされていた感があります。

本人も(重賞連敗を)言われ始めの頃は気にしていない様子でしたが、斎藤新騎手や団野大成騎手、菅原明良騎手、亀田温心騎手といった同期が次々と重賞を勝つ中で、ここまで続くと気になって当然でしょうね」(競馬記者)

 実際に、昨年の7月の七夕賞(G3)に挑む際は『スポニチ』の取材に「同期が重賞を勝っていますが、焦りはない」と話していた岩田望騎手。マウントゴールドに騎乗した福島重賞初挑戦は11番人気を4着に持ってくる好騎乗だったが、あれから半年経って、未だ重賞に手が届かないことを誰が予想できただろうか。

 そこに加えて、今年は年明けから斎藤新騎手が中山金杯(G3)で重賞2勝目をゲット。さらに2週後の京成杯(G3)で今度は菅原明騎手が重賞勝ちを決めれば、同期の岩田望騎手に焦りが生じるのも当然だろう。

「重賞、勝ちたいです。連敗記録ばかりが伸びてしまって……」

『競馬対談with佑』でそう本音を漏らしていた岩田望騎手。スリーグランドとのコンビで挑む30日の根岸S(G3)で、今度こそ連敗記録を止めたいところだ。

(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRA「早く止めたい!」岩田望来は何故、重賞で勝てないのか。昨夏「焦りはない」から約半年、現在93連敗中…のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA川田将雅「一人負け」に高配当ゲットの秘訣!? 相乗効果で浮上する日本ダービー(G1)想定「10番人気」の激穴馬
  2. JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  6. JRA福永祐一が語ったM.デムーロ「致命的トラウマ」。オークス(G1)1番人気サークルオブライフ12着大敗に「これがあるから軸にできない」
  7. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  8. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  9. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?
  10. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!