NEW

JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

【この記事のキーワード】, ,
JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1
撮影:Ruriko.I

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像2JRA 3年間「未勝利馬」が武豊に替わって7馬身差圧勝…かつての関西ホープ騎手に突き付けられた「厳しい現実」

ライター「A」:先週の遠州灘S(3勝クラス)に出走したクリノフラッシュが、7馬身差で圧勝。約3年ぶりの勝利となりましたが、主戦だった和田翼騎手から武豊騎手へ乗り替わっての結果だったことが話題になりました。

デスク「Y」:それこそ1600万下時代から、それこそ岩崎翼時代から、ずっと3勝クラスにいたよね(笑)。勝てそうで勝てない印象だったけど、武豊騎手に乗り替わって7馬身差か。

ライター「A」:13戦連続で騎乗していた和田翼騎手にとっては、まさに鞍上強化と言わざるを得ない結果に……。競馬ではよくあることとはいえ、なかなか辛いところでしょうね。

デスク「Y」:前走が5番人気で10着だったのに、武豊騎手が騎乗したら3番人気だからね。それで7馬身圧勝ってなったら、そりゃファンからすれば「今までなにやってんだ」とはなるよ。でも、じゃあ毎回武豊騎手と和田翼騎手に7馬身以上の差が出るのか、と言われればそんなことはないと思うけどね。

ライター「A」:競馬は騎手だけじゃないですから。少なくともクリノフラッシュの追い切りはよかったですし、調子も良さそうでしたよ。

デスク「Y」:まあ、それでもここ最近出遅れ気味だったクリノフラッシュのスタートを決めてくる辺りは、さすが武豊騎手だよね。そういえば昔、吉田照哉さんが「L.デットーリが乗ると、他の騎手と5馬身は違う」って言ってたなあ。

ライター「A」:ファルブラヴでジャパンC(G1)を勝った時ですよね。たしか前日のジャパンCダート(G1、現チャンピオンズC)もイーグルカフェで勝って、デットーリ騎手は2日連続のG1勝利だったとか。

デスク「Y」:そうそう。あれは凄かったね~。でも日本の競馬ファンとしては「デットーリが5馬身なら、武豊は7馬身だぞ!」って言いたい(笑)。


「ルールですので仕方ありませんが……」現役JRA騎手も警鐘を鳴らす現行ルールの欠陥!? 陣営も頭を悩ます「除外ラッシュ」の真相

ライター「A」:先週、小倉で行われた障害オープンは18頭が除外になる非常に狭き門でした。

デスク「Y」:中には一応障害の免許を持ってるけど、レースでは乗ったことがない騎手で“なんちゃって”登録してた陣営もあったみたいね。

ライター「A」:ここのところ問題視されている、優先出走権を狙っての登録ですね。障害オープン戦は一度除外になれば、約2か月間は優先出走権が発生します。これには高田潤騎手も「ルールですので仕方ありませんが……」と憂えていたそうです。

デスク「Y」:そして、その煽りを受けた“被害馬”の1頭が、今週末の牛若丸ジャンプS(OP)を除外されたフォイヤーヴェルクってわけね?

ライター「A」:まあ、一概に先週の除外だけが原因とは言えなさそうですが、すでに重賞を勝っているフォイヤーヴェルクがオープンで除外されるのは、さすがに「異常」と言わざるを得ませんね。

デスク「Y」:牛若丸ジャンプSでも17頭が除外になったんでしょ? まさにおしくらまんじゅう状態だねえ……。

ライター「A」:フォイヤーヴェルクの他にも重賞2着があるホッコーメヴィウスやマサハヤドリーム、オープン勝ちのセプタリアンやポルトラーノ、キャプテンペリー、ダイシンクローバー、バイオレントブロー辺りも軒並み除外になっています。

デスク「Y」:それで「どんな豪華メンバーなんだ!」ってフタを開けたら、オープンも勝ったことがない馬がゾロゾロ……。

ライター「A」:さすがに、これは現行のルールを見直した方が良いのかもしれませんね。

デスク「Y」:よし、じゃあ話の区切りもついたし、ご飯食べに行こうよ。ほら、最近できたラーメン屋、まだ行ってないんだよね~♪

ライター「A」:あそこ、いつも並んでいますし、もうランチの営業時間終わりそうですよ。たぶん、今から並んでも食べられないんじゃないかな。

デスク「Y」:マジか……。それでも行ってみないとわからないから行こうよ! もしかしたら、間に合わなかったお客さんに“優先出走権”が与えられるかも(笑)。

ライター「A」:なるほど、権利獲りってわけですね!…って、そんなわけあるかい!

JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは