NEW

パチスロ5号機とのお別れ会…涙は一滴すら流れなかった!?【濱マモルののほほんコラムVol.133~打ち納め~】

【この記事のキーワード】, , , ,

パチスロ5号機とのお別れ会…涙は一滴すら流れなかった!?【濱マモルののほほんコラムVol.133~打ち納め~】の画像1

 4万円を上限と決めていた。

 1月末日で5号機が撤去される。多くのファンがお気に入りのマシンたちとお別れ会をしたように、アタシも先日、家の用事を済ませてからホールへ突撃。コアな読者様ならお察しの通り、目指すはハナハナシリーズのシマである。

 シリーズ初の5号機『ニューハナハナ-30』は2007年のデビューだった。初代『ハナハナ-30』の正統後継機とのことだったが、その初代はチューンアップされたものしか知らないから、すこぶる良いコイン持ちとボーナス出現率の重さに大きなギャップを感じ、早々に疎遠。新筐体をウリとした『スペシャルハナハナ-30』も、あまり積極的に打つことはなかった。

 モチベーションが高まったのは、『サンサンハナハナ-30』あたりからだろうか。コイツはスペハナ以上の高スペックで、ボーナス合算出現率も189分の1~146分の1と大幅上昇。

 初代の白7絵柄が復活したほか、REG中・ビタ押しスイカ揃い時のサイドランプによる設定示唆が初めて採用された。ちなみに、コイツのビッグ中・スイカ出現率は偶数且つ高設定ほど高まる。

 とはいえ、まだまだ関東での設置は少なかった。当時はそこそこ遠方まで車を走らせてレバーを叩きにいったものだが、個人的には2011年の『キングハナハナ-30』以降、設置が増えたような気がする。

 この『キングハナハナ-30』では、チェリーをメインとする小役重複、ボーナス後のパネルフラッシュが初めて組み込まれ、通常時・ベル出現率やビッグ中・スイカ出現率も改められた。配列こそ若干違えど、いわば現行ハナハナの礎を築いたマシンなわけである。

パチスロ5号機とのお別れ会…涙は一滴すら流れなかった!?【濱マモルののほほんコラムVol.133~打ち納め~】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合