NEW

JRAシルバーステート産駒“真打ち”が武豊の「悩みの種」に!? 一時はデビューも危ぶまれた「大物候補」と急転直下のコンビ結成!

【この記事のキーワード】, , ,

JRAシルバーステート産駒真打ちが武豊の「悩みの種」に!? 一時はデビューも危ぶまれた「大物候補」と急転直下のコンビ結成!の画像1

 昨年の阪神JF(G1)で3着したウォーターナビレラを輩出するなど、初年度から注目を浴びてきた新種牡馬のシルバーステート。先週末まで中央では64頭がデビューし、うち12頭が勝ち上がっている。

 3勝を挙げているウォーターナビレラ以外に4頭がすでに2勝目をマーク。産駒の活躍を受けて、種付け料は2021年度の150万円から22年度は600万円へと大幅アップを果たした。

 そんなシルバーステート初年度産駒の素質馬が今週末にデビューする。29日、東京6R(芝1600m)の3歳新馬戦に出走するアルゲンテウス(牡3歳、美浦・小島茂之厩舎)だ。

 シルクレーシングから総額1600万円という“格安”になったのは、シルバーステートの種付け料がまだ150万円だったことに起因する。そんなアルゲンテウスを送り込むのは、先日の京成杯(G3)をオニャンコポンで制し、目下絶好調の小島厩舎だ。

 美浦を担当するある記者はデビュー前から注目していたアルゲンテウスについて、こう語ってくれた。

「これまでシルクレーシングから小島厩舎には、厩舎が管理した秋華賞馬ブラックエンブレムの仔が委託されることが多かったのですが、現3歳のブラックノワール(父キタサンブラック)は栗東の藤原英昭厩舎に委託されました。

そんな中で、シルクから小島厩舎に入厩したのがこのアルゲンテウス。シルバーステートの種牡馬としての能力は未知数でしたが、悪い馬を委託することはしないだろうと当初から注目していました。

実際アルゲンテウスはコンパクトな馬体を大きく見せ、しなやかな動きが目立っていました。2歳春にかけて育成もすこぶる順調で、昨年6月には早くも函館に入厩。7月にはゲート試験にも合格し、8月函館でデビューを予定していました」(競馬記者)

 ところが馬房内で脚をぶつけるアクシデントに見舞われるなど一頓挫あり、待望のデビューは延期になってしまう。その後は秋口になっても体調は整わず、強い調教もままならない状態に。一時はデビューすら危ぶむ声も聞かれたという。

「父シルバーステートと同じく、母のラダームブランシェも屈腱炎が原因で引退に追い込まれています。正直、血統的にも脚部不安は仕方ないと思っていましたが、とにかく無理をせず、デビューにさえこぎつけてくれれば……と願っていました」(同)

 そんな最悪の状況から一転、明るい光が差したのは昨年末のことだった。

 12月下旬になって、ノーザンファーム天栄を経て美浦に入厩。すると、年末から坂路を中心に乗り込み始め、規格外の好時計を連発したのだ。そして1回東京の2週目でのデビューが決まると、来週へ向けての権利獲りという意味合いで1週早い今週末の3歳新馬戦に登録。

 そこでまさかの抽選突破を果たし、急転直下でデビューを迎えることになった。

JRAシルバーステート産駒“真打ち”が武豊の「悩みの種」に!? 一時はデビューも危ぶまれた「大物候補」と急転直下のコンビ結成!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇
  2. JRA C.ルメール「自信」の1番人気馬に大誤算!? 予約のダービーをまさかのキャンセル、「世代NO.1候補」に訪れた悲し過ぎる結末
  3. 横山典弘×須貝尚介厩舎の“絶縁”が呼んだ日本ダービーの波乱。陣営を裏切ったあのレースから1年以上騎乗なし……ゴールドシップコンビ解散となった裏事情
  4. JRA日本ダービー(G1)4連勝中、ディープインパクト産駒が「最高の輝き」見せる大一番…エフフォーリア、サートゥルナーリアですら敗れた歴史に「4強」も戦々恐々!?
  5. 元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……
  6. JRAの「仕打ち」にC.ルメールが大ピンチ!? 2週連続の試練に自信も揺らぐか…先週の結果を「鵜呑み」にできない日本ダービー(G1)特有の罠
  7. JRA「4頭立て」ダービーに他路線組は出番なし!? 川田将雅も蛯名正義も泣いた最強世代のガチガチ決着…「逆パターン」の皐月賞で逆襲条件が揃ったのは?
  8. JRA武豊「史上2人目」ダービー当日の偉業達成なるか!? 「僕は帰ってきました」払拭したいキズナ“好敵手”に纏うイメージ
  9. JRA日本ダービー(G1)コントレイルと並ぶ「鉄板級」軸馬発見!? “ヒモ荒れ”は人気薄「激走穴馬」がカギ! 激アツ強力現場情報をもとに高額配当を狙う!
  10. JRA「早く調教師になって」“パリピ”福永祐一に川田将雅が辛口エール!? 武豊でも成し得ていない日本ダービー3連覇へ「万年2番手」が覚醒したワケとは