NEW

JRA【根岸S(G3)予想】武豊×ヘリオスはバッサリ!? 例年レースを荒らす穴馬発見で高配当も視野に

JRA【根岸S(G3)予想】武豊×ヘリオスはバッサリ!? 例年レースを荒らす穴馬発見で高配当も視野にの画像1

 今回は先週に引き続きフェブラリーS(G1)に向けての前哨戦となるダート重賞、根岸S(G3)を予想していく。

 先週のAJCC(G2)と東海S(G2)は散々だった。AJCCは1着こそ来てくれたが、データで買えたはずのマイネルファンロンと、切ったボッケリーニが2着3着でどうにも手が出ない。そして、懸念していたC.ルメール騎手は先週もしっかり1番人気の馬を飛ばしてくれた……。

 東海Sは3着こそ来てくれたが、1着はデータで買えたスワーヴアラミスが怒濤の追い込みを見せ、切ったオーヴェルニュが前で粘って2着に健闘。オーヴェルニュはこのコースだけに適性があるとしか思えない。侮りすぎた。

 さて、振り返りはここまでで予想に戻ろう。

いつものように過去10年馬券に絡んだ30頭の前走データを見てみる。
チャンピオンズC 6頭
武蔵野S、カペラS 各5頭
ギャラクシーS(OP) 4頭
師走S(OP)、ファイナルS(OP) 各2頭
マイルCS、JBCスプリント、東京大賞典、兵庫GT 各1頭
リステッド 1頭
オープン特別 1頭
となっている。G3だが上位馬に自己条件勝ち上がりからの重賞初挑戦馬がいないのは、それなりにレースレベルが高いのだろう。30頭中20頭が前走重賞を使っての参戦となっている。

続いて人気順の成績がこれだ。
1番人気 4−3−0−3
2番人気 1−1−2−6
3番人気 1−2−0−7
4〜6番人気 4−1−4−21
7〜9番人気 0−2−1−27
10番人気以下 0−1−3−63
となっている。1番人気の成績が突出しており、2番人気、3番人気がアテにならない数字。むしろ率では落ちるが4~6番人気の方が信頼できそうだ。ただ、近5年で1~3番人気の馬が必ず2頭入っていることを考えると、人気馬がアテにできないとは言ってもバッサリやるのは早計かも知れない。

 これを踏まえて「◎」は人気の一角になりそうだが9番ソリストサンダーとする。

 前走は武蔵野S(G3)。終始緩みのないペースで流れた結果、先行勢総崩れとなり、中団から差し切っての勝利。

 近走成績も悪くない。2走前のマイルCS南部杯(G1)でも不良馬場の中を3着に突っ込んでいるほか、4走前のかしわ記念(G1)では地方の雄カジノフォンテンとタイム差なしの2着とダートの一線級と渡り合うだけの実力はある。

 本馬の不安点は、マイルより短いレースの成績が今ひとつなことか。数はそれなりに走っているのだが、本格化前ということもあったのか掲示板(5着以内)にすら載っていないレースが多い。本格化以降は積極的にマイルと1700m戦を使われ、良績を残しているので適距離がこのあたりなのだろう。

 それだけに久しぶりの1400m戦ということに不安が残る。それでも1ハロン短縮というだけのことなので、今の勢いであれば難なくこなしてしまう可能性を感じる。

JRA【根岸S(G3)予想】武豊×ヘリオスはバッサリ!? 例年レースを荒らす穴馬発見で高配当も視野にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?