NEW

JRA【シルクロードS(G3)予想】大本命カレンモエに出番なし!? 過去10年で8度の馬券圏内、狙いは軽ハンデを活かした「10番人気以下」の超大穴!

JRA【シルクロードS(G3)予想】大本命カレンモエに出番なし!? 過去10年で8度の馬券圏内、狙いは軽ハンデを活かした「10番人気以下」の超大穴!の画像1

 今回は高松宮記念(G1)へ向かうスプリント重賞第一弾・シルクロードS(G3)を予想したいと思う。

まずはいつもの通り、過去10年馬券に絡んだ30頭の前走データを見てみよう。
淀短距離S(L、OP) 10頭
京阪杯 6頭
スプリンターズS 4頭
阪神C、尾張S(OP) 各2頭
マイルCS、スワンS 各1頭
オープン特別 1頭
条件特別(3勝クラス) 3頭
となっている。中1週ないし2週という強行軍スケジュールになっているが、淀短距離Sからの参戦が最多。京阪杯(G3)はここまで適度な間隔が空くので、重賞戦線を賑わす短距離馬の年明け初戦にピッタリなのだろう。

続いて人気順の成績が以下の通り。
1番人気 2-1-0-7
2番人気 4-1-1-4
3番人気 2-2-0-6
4~6番人気 2-5-0-23
7~9番人気 0-0-2-28
10番人気以下 0-1-7-68
勝ち馬だけなら2番人気が突出した成績となっている。1番人気と3番人気はアテにしづらく、勝ちも含めて考えるなら4~6番人気を狙い撃つべきか。注目は10番人気以下の3着回数。10年で7回3着に入っているので、人気を落としている実績馬や人気の盲点になっている馬を積極的に拾いたいところだ。

 これを踏まえて「◎」は、いきなり穴馬だが5番タイセイアベニールを指名する。

 前走は淀短距離S(L)。前半33.5秒の速い流れで先行勢が崩れる中、勝ち馬が粘り切って外から追い込むも3着に終わった。

 7歳馬ということで大きな上がり目はなさそうだが、2走前のリステッドレースで2着すると前走3着とここに来て調子を上げてきている。

 重賞勝ちも連対実績もないにも関わらず56kgの斤量は見込まれ過ぎの感がある。昨年も同じ斤量でこのレースに出走して見せ場なしの10着に大敗しているが、17番枠と大外を引いたことが響いた可能性がある。今回は内枠だけに不利もない。また、鞍上がおよそ3年ぶりの幸英明騎手に替わるが、過去2回騎乗して2回とも連対しており好相性。それも込みで本命にしたい。

JRA【シルクロードS(G3)予想】大本命カレンモエに出番なし!? 過去10年で8度の馬券圏内、狙いは軽ハンデを活かした「10番人気以下」の超大穴!の画像2
メイケイエール 撮影:Ruriko.I

「○」は人気の一角になるであろう3番メイケイエールとする。

 前走はスプリンターズS(G1)。それなりに速いペースで流れたが、先行馬が軒並み直線で粘る展開の中で中団から伸びてくるも届かずの4着。勝ったピクシーナイトも強かったが、そこから0.7秒差の4着なら上々の結果ではなかろうか。

 とにかく気性難が注目され、桜花賞(G1)のどん尻惨敗など実力はあれど結果が結びつかないレースが続いている。だが、そんな中での前走はいくらかでも成長の跡が見られた結果として受け取りたい。

 休み明け初戦ということで、やはり気性難がどれほど影響するかが気になるところ。だが、昨年同じステップでライトオンキューが2着に入っていたり、18年はファインニードルが12着からの巻き返しで勝利していることを考えると、好条件で臨めているのではないかと考える。

JRA【シルクロードS(G3)予想】大本命カレンモエに出番なし!? 過去10年で8度の馬券圏内、狙いは軽ハンデを活かした「10番人気以下」の超大穴!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?