NEW

JRA【東京新聞杯(G3)展望】ファインルージュ「実力上位」もC.ルメールが最大の不安!? 3連勝中プリンスリターン、充実一途ホウオウアマゾンにもチャンス

 JRA【東京新聞杯(G3)展望】ファインルージュ「実力上位」もC.ルメールが最大の不安!? 3連勝中プリンスリターン、充実一途ホウオウアマゾンにもチャンスの画像1
ファインルージュ 撮影:Ruriko.I

 2月6日、東京競馬場では第72回東京新聞杯(G3)が行われる。4年前にリスグラシュー、3年前にはインディチャンプがこのレースを制し、後にG1馬に輝くなど、今後のマイル路線を占う重要な一戦である。

 主役候補の1頭は、昨年ソダシらとともに牝馬クラシック路線を盛り上げたファインルージュ(牝4歳、美浦・木村哲也厩舎)だ。

 これまでフェアリーS(G3)と紫苑S(G3)を勝っているが適性距離はどちらかというとマイル寄り。皆勤した昨年の牝馬三冠では、2400mのオークス(G1)こそ11着に敗れたが、桜花賞(G1)は3着、秋華賞(G1)では2着に好走するなど、同世代の牝馬相手に一線級のスピードを誇った。

 前走の秋華賞後は放牧に出ていたが、年明けに美浦に帰厩。坂路とウッドコースを併用して順調に調整されてきた。

 鞍上を務めるのは重賞で大苦戦中のC.ルメール騎手。特に今年に入ってからは人気馬に騎乗し、ことごとく馬券圏外に追いやられている。

 苦手とされる寒い時期に開催の東京新聞杯もこれまで5回騎乗し、「0-1-1-3」と相性は良くない。過去3年はいずれも1~2番人気の有力馬に騎乗したが、5、9、7着と馬券に絡むことができていない。

 ファインルージュとは3度コンビを組んで、「2-1-0-0」という好相性を誇るだけに、初めてとなる年長馬との対戦で自慢の鋭い切れ味を引き出すことができるだろうか。

 目下3連勝中のプリンスリターン(牡5歳、栗東・加用正厩舎)も上位人気必至の実力馬だ。

 3歳時にはシンザン記念(G3)2着、アーリントンC(G3)3着など重賞路線で上位を争っていた。ところが、NHKマイルC(G1)で15着に大敗してから一時低迷。3歳夏以降は重賞レースにも出走せず、リステッド競走中心のローテーションを貫いた。

 復活勝利を挙げたのは昨夏の小倉日経オープン(OP)。松若風馬騎手を背に約2年ぶりの美酒を味わうと、その後は10月のポートアイランドS(L)、11月のキャピタルS(L)を勝って、現在3連勝中である。

 5歳を迎え、重賞出走は約1年半ぶり。この年齢で本格化を果たしたのがプリンスリターンの父ストロングリターンだった。5歳春の京王杯SC(G2)を勝利すると、続く安田記念(G1)で2着に好走。翌年の安田記念制覇の足がかりを築いた。

 そんな晩成タイプだった父が得意としたのが東京コース。勢いに乗るプリンスリターンも4連勝を飾って春のマイル重賞路線の主役へ名乗りを上げたい。

JRA【東京新聞杯(G3)展望】ファインルージュ「実力上位」もC.ルメールが最大の不安!? 3連勝中プリンスリターン、充実一途ホウオウアマゾンにもチャンスのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  6. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか
  10. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち