NEW

【川崎記念(G1)展望】川田将雅と「最強コンビ復活」チュウワウィザードVS「強豪揃い」南関東勢! 逃げ争い激化なら伏兵の台頭も?

【川崎記念(G1)展望】川田将雅と「最強コンビ復活」チュウワウィザードVS「強豪揃い」南関東勢! 逃げ争い激化なら伏兵の台頭も?の画像1
チュウワウィザード

 2月2日(水)には川崎競馬場で今年最初のG1・川崎記念が行われる。JRA所属6頭と南関東所属7頭の計13頭が出走を予定。実績上位馬の実力は拮抗しており、混戦ムードが漂っている。

 そんななかでも実績最上位なのがチュウワウィザード(牡7歳、栗東・大久保龍志厩舎)だろう。

 2年前の当レースを含め、これまで中央・地方のG1を3勝しているが、20年チャンピオンズCを最後に1年以上勝利から遠ざかっている。近6走は戸崎圭太騎手が手綱を取ってきたが、今回は春の大目標、ドバイWC(G1)を見据えて川田将雅騎手に手が戻る。

 川田騎手とチュウワウィザードが最後にコンビを組んだのは2年前の川崎記念だった。好位追走から4角で先頭に立つ積極策を披露。終わってみれば2着ヒカリオーソに6馬身差をつける完勝だった。

 デビュー2戦目からコンビを組み、通算成績は「7-2-1-0」と相性は抜群。元の鞘に戻った黄金コンビは26日に栗東CWでコンタクトを取り、6ハロン82秒6-ラスト11秒5の好時計をマークしている。

 まずは1年1か月ぶりの勝利をつかみ、昨年惜しくも2着だったドバイの地で花を咲かせたい。

 そんなチュウワウィザードに挑戦状をたたきつけるのは南関東勢である。

 南関勢1頭目の刺客は、昨年の当レースでオメガパフュームに3馬身差の逃げ切り勝ちを収めたカジノフォンテン(牡6歳、船橋・山下貴之厩舎)。連覇を懸けての参戦となるが、近3走は大敗が続いている。

 3走前の帝王賞(G1)は3番人気に支持されるが、10着に大敗し、陣営は「暑さ」を敗因に挙げていた。2走前のJBCクラシック(G1)では直線見せ場を作るも6着。このときは「右回りが響いた」と、陣営は分析。さらに前走チャンピオンズCでは10着に敗れた。

 前走の鞍上を務めたM.デムーロ騎手は、逃げにこだわらず好位のインを追走するも、直線伸びを欠いた。レース後、M.デムーロ騎手は「馬混みは良くない。自分のリズムで走れたら、もっと走れていい」と話していたように、やはり逃げて自分の形に持ち込むのがベターだろう。

 今回は主戦の張田昂騎手に手が戻り、先手を主張する可能性が高そうだが、そうなるとこの馬との兼ね合いがレースの鍵を握る。

【川崎記念(G1)展望】川田将雅と「最強コンビ復活」チュウワウィザードVS「強豪揃い」南関東勢! 逃げ争い激化なら伏兵の台頭も?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合