NEW

JRA今年「45戦未勝利」の絶望……あの中堅騎手が「超新星」ドゥラドーレスのデビュー飾るも無情の乗り替わり

【この記事のキーワード】, ,

JRA今年「45戦未勝利」の絶望……あの中堅騎手が「超新星」ドゥラドーレスのデビュー飾るも無情の乗り替わりの画像1

 30日、東京競馬場で行われたセントポーリア賞は、3歳限定の1勝クラスながら今春のクラシック戦線を揺るがすようなレースだった。

 1:45.7という勝ち時計は、セントポーリア賞が現行の東京・芝1800mで行われるようになった過去7年間で最速。従来の“レコード”だった昨年のグレートマジシャン(日本ダービー4着)の1:46.5を大きく上回り、さらには昨年の東京スポーツ杯2歳S(G2)でイクイノックスが記録した1:46.2より0.5秒も速い。

 そんな超ハイレベルなレースを制したのが、ドゥラドーレスだ。2着ウィズグレイスに騎乗したC.ルメール騎手と、3着デルマグレムリンに騎乗した武豊騎手が「勝ち馬が強すぎた」と口をそろえるほどの逸材は、父ドゥラメンテを超える可能性さえ感じさせる大器と述べても過言ではないだろう。

JRA今年「45戦未勝利」の絶望……あの中堅騎手が「超新星」ドゥラドーレスのデビュー飾るも無情の乗り替わりの画像2
丸山元気騎手

 その一方でもしかしたら、そんな「超新星」と共にクラシック制覇を目論んでいたかもしれない騎手がいる、関東の中堅ジョッキー丸山元気だ。

「攻め馬の時から、能力を感じていました」

 ドゥラドーレスがデビュー勝ちを飾った昨年11月、その鞍上には丸山騎手がいた。スタートこそ一息だったが「素晴らしい脚を使ってくれた」という最後の直線では、後方からライバルたちをごぼう抜き。後のセントポーリア賞の勝ちっぷりを見れば朝飯前の芸当だったかもしれないが、丸山騎手も大きな手応えを感じていたに違いない。

 しかし、そこから約3か月後。2戦目となったセントポーリア賞の鞍上に抜擢されたのは、関東のトップジョッキー戸崎圭太だった。

「新馬戦が3番人気と、そこまで大きな評判にはなってなかった馬ですが、デビュー戦の勝ちっぷりが素晴らしかったため2戦目からトップジョッキーに乗り替わるというケースは、ドゥラドーレスに限らずよくあること。

弱肉強食の厳しい世界ですが、降ろされた丸山騎手も、この日は同じ東京で騎乗。セントポーリア賞で代わりに乗る馬もいませんでしたし、やはり騎手として思うところはあるでしょうね」(競馬記者)

 丸山騎手と言えば、デビューイヤーの2009年こそ8勝に終わったものの、2年目に92勝を挙げて大ブレイク。その後、一時は低迷し関東の中堅騎手というイメージが定着したが、2019年に71勝を挙げて再び脚光を浴びている。

 そんな復活劇の背景にあったのが、日本が誇るノーザンファームのバックアップだ。

JRA今年「45戦未勝利」の絶望……あの中堅騎手が「超新星」ドゥラドーレスのデビュー飾るも無情の乗り替わりのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合