NEW

パチンコ店で「確変横取り」を目論むハンター!? 強引すぎる行為に苦情殺到…

【この記事のキーワード】,

パチンコ店で「確変横取り」を目論むハンター!? 強引すぎる行為に苦情殺到…の画像1

 先日、当サイトのライター堀川茂吉さんが興味深い内容のコラムを綴っておりました。それは「確変台を譲ってもらった」というお話です。

 大負けの状態で突如として訪れた逆転のチャンス。どのような結果となったのかは、ぜひ「該当記事」にてご確認いただければ幸いです。

 この手の出来事はたびたび幸運な出来事として話題にあがりますが、パチンコ店のルールによっては「確変台を譲れない」という可能性があるのをご存じでしょうか。

「譲ろうとしたけどスタッフに止められた」、「問答無用でラムクリされた」といったお話も耳にしたことがございますが…この部分の対応方法はホールによって異なるので、「これが正解」というものはないのです。

【注目記事】
パチスロ高評価マシンを超える「刺激的な要素」も!? 大ヒットを予感させる詳細に注目!!
「スマートパチンコ」導入などでさらなる負担増 2021年の「パチンコホール閉店」は637店舗… シーズリサーチが調査結果公表

 私の勤めていたホールではお客様から「台を譲りたい」とお願いされた際は、その意思を尊重してそのまま開放しておりました。逆に台を譲らずに止められる場合は、「ラムクリアして今の状態が消えてしまいますがよろしいですか?」と確認をとった後、通常状態へと戻します。

 このようにルールを取り決めて営業していたわけですが、過去には「確変台」を巡ったトラブルが発生することもありました。

 勤め先だったホールには「安藤さん(仮名)」という常連さんが存在。この方は勝利への執着心が非常に強く、スタッフの間では有名でした。お客様が確変中に止めようとすると「俺に打たせてくれ!」とグイグイ食いついてくるのです。

 もちろん、確変台を安藤さんにそのまま打たせるわけにはいきません。止めるお客様が「打っていいよ」とOKすれば話は別ですが…見ず知らずの人間に「確変をよこせ!」と迫られて、台を譲ろうとする人はいないでしょう。実際、安藤さんの作戦は全て失敗に終わっていたと思います。

パチンコ店で「確変横取り」を目論むハンター!? 強引すぎる行為に苦情殺到…のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合