NEW

JRA 福永祐一「絶賛」スプリンター敗因は積極策!? 再登板の関西ホープ騎手へファンから不満噴出も高松宮記念へ向けて得られた「収穫」

【この記事のキーワード】, ,

JRA 福永祐一「絶賛」スプリンター敗因は積極策!? 再登板の関西ホープ騎手へファンから不満噴出も高松宮記念へ向けて得られた「収穫」の画像1

 30日、中京競馬場で行われたシルクロードS(G3)は、2番人気のメイケイエールが好位から直線抜け出て勝利。昨年のチューリップ賞(G2)以来、重賞4勝目を手に入れた。

 鞍上の池添謙一騎手は「レース前まで折り返し手綱を付けて、このままいこうという話になった。パシュファイヤーを付けた効果もあって上手に走ってくれた」と、勝因の1つに馬具を挙げ、立て直しに苦労した陣営を労った。

 その一方で、4コーナー2番手から押し切りを図るも失速し13着に敗れたのが、5番人気に支持されたジャンダルム(牡7歳、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

 デビュー2連勝でデイリー杯2歳S(G2)を勝つなど大活躍だった2歳以降、鳴りを潜めていたが、5歳時に1400m以下の短距離路線へ転向し復活。昨年本馬に騎乗した福永祐一騎手と浜中俊騎手は「スタートが出ればG1を勝てる力がある」と、口を揃えて絶賛していた。

 そして、メイケイエール陣営の切り札が馬具であるならば、ジャンダルム陣営にとっての切り札は鞍上の荻野極騎手だ。両者のコンビは、これまで4戦2勝3着1回と好相性で、同騎手が騎乗した際はスタートで遅れたことがない。

 4戦ぶりの再コンビに2017年の「中央競馬騎手年間ホープ賞」受賞騎手は、『デイリースポーツ』の取材で「トップハンデタイで相手も強いですが引けは取らない。チャンスはあります。スタートもうまく、好位で折り合いもつく馬なので、そのまま押し切りたい」と、意欲を露わにした。

 しかし結果として、その強気な姿勢が仇となったのかもしれない。

 スタートで後手を踏むも、荻野極騎手は積極的にポジションを取りに行く強気のレースを敢行。前半3F33秒6というハイペースを4コーナー2番手で回る。直線では一時先頭に踊り出たが、半ばで失速。13着と人気を大きく下回る結果に終わった。

「福永騎手や浜中騎手が『能力的にはG1級の馬』と評したレースは、いずれも出遅れて末脚勝負に徹した際のコメントでした。スタートを決めて後半勝負をすれば、再現も期待できたかもしれませんが、またしても出遅れた上に今回は積極策。外枠でしたし、腹を括ってもよかったもよかったかもしれませんね。

ただ、荻野極騎手は戦前のインタビューでも答えているように、本馬とのコンビでは好位押し切りのレースで結果を残してきました。そのため、大きく出遅れない限りは前にいこうと決めていたのでしょう。結果的に、裏目に出てしまった気がします」(競馬記者)

JRA 福永祐一「絶賛」スプリンター敗因は積極策!? 再登板の関西ホープ騎手へファンから不満噴出も高松宮記念へ向けて得られた「収穫」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  3. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  9. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は
  10. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦