NEW

パチスロ「万枚」を予感させるループを体感…新台『押忍!番長ZERO』実戦レポート!!

【この記事のキーワード】, ,

 シリーズ通り、青7は7揃い期待度が高い。難なくATを射止めることに成功した。

パチスロ「万枚」を予感させるループを体感…新台『押忍!番長ZERO』実戦レポート!!の画像2

 7揃いに関して、実戦上は赤7ボーナスで7回中4回。青7ボーナスでは2回中1回となった。尚、レギュラーボーナスは通常時には出現せず、AT中に3回の当選を経験。

 スタートダッシュを期待したが、初回のATは427枚、2回目も358枚と伸び悩んでしまった。しばらくダラダラと出玉を減らす展開が続いたが…この粘りは報われる。

 1周期で疑似ボーナス当選を繰り返し計2回のATで680枚、719枚と立て続けに獲得。その後80G辺りでレア役も無しにゾーン外で前兆が開始するとAT「頂ROAD」に直撃した。

 この直撃ATで上位特化ゾーン「頂CHARGE RISING」を勝ち取ると、正に「ノリノリの展開」がスタート。ボーナスを取れず後半に失速してしまったものの、1682枚の獲得に成功した。

パチスロ「万枚」を予感させるループを体感…新台『押忍!番長ZERO』実戦レポート!!の画像3

 AT後に1周期様子を見たところで時刻は16時7分。実戦終了には丁度良いタイミングである。結果は投資966枚の回収2345枚、「プラス1379枚の快勝」となった。

 設定示唆に関しては、現状「偶数示唆」と思われる演出が数回確認できたのみ。シリーズでは設定差のあったAT直撃が1度発生しているため、中間設定と読むのが妥当かもしれない。

 1周期は当りやすい印象で、実戦では9回中5回(AT直撃はサンプルから除外)が疑似ボーナスへと繋がった。

 自力での天国ループからATを繰り返すような波を掴むことが出来れば、数珠つなぎで万枚も見えてくるかもしれない。少なくとも今回の実戦では「大勝ち」の可能性を感じることができた。

(文=大松)

<著者プロフィール>
 4号機『大花火』でホールデビューし、『パチスロ北斗の拳』でドハマリ。6号機は『パチスロ モンスターハンター:ワールド™』がお気に入り。G&Eビジネススクール卒業後、プログラマーや事務職を経験。現在はライティング業務に従事する傍ら「パチスロガチ勢」として活動中。パチMAXでは主にハイエナ実戦記事や動画レビュー記事を担当。常に攻略情報に注目しており、「6号機でも勝てる」を心情に有益な情報を紹介中。

パチスロ「万枚」を予感させるループを体感…新台『押忍!番長ZERO』実戦レポート!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合