NEW

JRAソダシからの「負の連鎖」止まった!? メイケイエール復活Vで今週末は “白毛祭り”に期待大

【この記事のキーワード】, ,
JRAソダシからの「負の連鎖」止まった!? メイケイエール復活Vで今週末は 白毛祭りに期待大の画像1
メイケイエール 撮影:Ruriko.I

 先週末に行われたシルクロードS(G3)で、昨年3月のチューリップ賞(G2)以来となる復活勝利を飾ったメイケイエール。池添謙一騎手とのコンビ継続で、来月27日に行われる高松宮記念(G1)に向かうことが分かった。

 復権を懸けた今回は、前向き過ぎるゆえの暴走も露呈せず、初の左回りも難なくクリア。本番と同コースの前哨戦を制した価値は高い。G1ともなれば、ペースも上がりやすく、さらに折り合いもつきやすくなるはずだ。「まともに走ればG1級」と言われ続けてきた馬が結果を出しただけに、高松宮記念でも上位人気に推されることは間違いないだろう。

 そんなメイケイエールの勝利は、白毛一族にとっても朗報かもしれない。メイケイエールは毛色が鹿毛ということもあって忘れられがちだが、シラユキヒメを祖とするいわゆる“白毛一族”の一員だ。メイケイエールの3代母がシラユキヒメ、祖母がユキチャン。そして母はシロインジャーである。

 白毛一族は昨年、ソダシが桜花賞(G1)を制するなど、一大旋風を巻き起こした。もちろんソダシの活躍が最も目立ったが、昨年は他にも7頭が勝利を挙げ、8頭が21年の1年間で合計12勝した。つまり、1か月に1勝のペースで白毛一族の馬が勝っていたことになる。

 勢いのあった一族だが、11月27日にダノンハーロックが茨木S(3勝クラス)を勝ったのを最後に急ブレーキ。ソダシが敗れた12月のチャンピオンズC(G1)から約2か月間にわたって8連敗を喫した。

 つまりソダシから始まった“負の連鎖”をメイケイエールが止めたということになる。今週末はこれを“正の連鎖”とすべく、白毛一族が大挙出走を予定している。

 5日の東京9Rの春菜賞(3歳1勝クラス)にはハイアムズビーチ(牝3歳、美浦・萩原清厩舎)、同日中京10RのエルフィンS(L)にはママコチャ(牝3歳、栗東・池江泰寿厩舎)と3歳牝馬2頭が特別登録している。2頭ともに勝利を狙える素質馬で、勝てば桜花賞出走が見えてくるだろう。

 他にも中京11RのアルデバランS(OP)にダノンハーロック(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)、そして6日には、東京10Rの銀蹄S(3勝クラス)にブッチーニ(牝6歳、栗東・中内田充正厩舎)が特別登録している。

 4頭の中でも特に注目の存在が3連勝中の逸材・ダノンハーロックだろう。昇級初戦となるが、これまでのパフォーマンスからここはあくまでも通過点と捉えてよさそう。

 白毛一族が同じ週に2勝したことはこれまで3度あるが、3勝以上ならもちろん初めてだ。先週末のメイケイエールの復活劇に続き、今週末は“白毛祭り”を目撃することになるのだろうか。

 ソダシ世代を中心に一大勢力を築きつつある白毛一族。今週の大暴れに期待したい。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRAソダシからの「負の連鎖」止まった!? メイケイエール復活Vで今週末は “白毛祭り”に期待大のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「最年少G1制覇」超えも視野、大胆騎乗に関係者からも絶賛の嵐…「ゴールデンルーキー」今村聖奈はなぜこれほどの感動を呼んだのか
  2. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  3. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  4. JRA今年もC.ルメールに巡ってきた国枝栄厩舎の世代No.1、恩師の想いを背に今度こそ「ダービー予約」を現実に?
  5. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  6. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  7. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRA【プロキオンS(G3)展望】G1で2着の「2億円馬」が三度目の正直!? ダートで覚醒へ、オルフェーヴル産駒ラーゴムにも注目!
  9. JRA福永祐一が「すぐに勝てる」と評した相手に大楽勝、新種牡馬グレーターロンドン産駒が圧巻デビュー…「追い通し」サバイバル制した実力にG1獲りの期待
  10. JRA今村聖奈「裸同然」48キロのレコードV! 女性騎手として重賞初体験で勝利も…CBC賞(G3)「コンクリート化」馬場には“ヤリ過ぎ”の声