NEW

大手パチンコチェーン・NEXUSグループがSDGs活動、「食品ロス削減」と「脱プラスチック対策」へ

【この記事のキーワード】, ,

大手パチンコチェーン・NEXUSグループがSDGs活動、「食品ロス削減」と「脱プラスチック対策」への画像1

 関東を中心にパチンコホール「D’STATION」など展開するNEXUSグループは1月27日、国際連合が定めた「持続可能な開発目標」SDGs活動への取り組みの一環として、「食品ロス削減」と「脱プラスチック対策」をスタートすると公式HP上で発表した。

 同社の飲食事業部では、いまだ続くコロナ禍で飲食店への営業時間短縮や休業要請の影響を受け、多くの食材が行き場を失ったことでフードロスへの意識が高まり、2020年度には社会貢献のひとつとして「子育てママ応援支援企画」お弁当100食を無料配布するなどの活動を行った。

 これらの活動を通じて多くを学んだ同社は、「食品ロス削減」対策を事業部規模で「NEXUS SDGsプロジェクト」の一環として取り組むことを決定。具体的には各店舗ごとに発注数から実際の提供数を数値化して過剰発注を削減すること、食事提供の量をカスタマイズできるようにすること、食品廃棄ロスに対して提供前の廃棄を削減すること、各月での廃棄した量をグラム単位で数値化して共有すること…の4つを挙げた。

 フードロスは、本来食べられる食品を捨てることによる損失を指す。このフードロスは食品製造・卸・小売業・外食産業など事業活動によって出る「事業系フードロス」と、家庭から出る「家庭系フードロス」の2つに大別され、世界の食料廃棄は年間約13億トン、消費のために生産された食料のおよそ3分の1が廃棄されているという。

【注目記事】
RT延命の「ステップナビ」機能搭載…パチスロ5号機の可能性を示した画期的マシン
パチスロ新台「バレ満」到達で出玉性能が大幅にアップ!? 上乗せ特化型“高純増AT機”がいよいよ完全復活!!

 同社は2021年、SDGs活動への取り組みの一環として、紙・プラスチックの代替えとなる石灰石から生まれた日本初の新素材「LIMEX(ライメックス)」を使用した名刺を新採用。これによって名刺1箱で約10リットルの水を守ることが可能で、「安全な水とトイレを世界中に」「産業と技術革新の基盤を作ろう」「つくる責任、使う責任」「気候変動に具体的な対策を」などSDGsの8つの項目に貢献できるという。

 また、2022年1月からは、D’STATION全店舗のコーヒーサービスでマドラーをプラスチックから環境にやさしい紙マドラーに変更。これについても同社は「小さな一歩ですが、社会課題解決のためにできることを、一つひとつ丁寧に取り組んでいきたい」としている。

大手パチンコチェーン・NEXUSグループがSDGs活動、「食品ロス削減」と「脱プラスチック対策」へのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合