NEW

JRA「いいスピードがある」福永祐一も高評価! 武豊が絶賛した大器を近親に持つ好素材が、馬名の「イメージ」を覆す力強い走りで快勝

【この記事のキーワード】, ,
JRA「いいスピードがある」福永祐一も高評価! 武豊が絶賛した大器を近親に持つ好素材が、馬名の「イメージ」を覆す力強い走りで快勝の画像1
福永祐一騎手

 12日、阪神競馬場の4Rに行われた3歳新馬戦(ダート1200m)は、福永祐一騎手の1番人気メイショウクリフト(牡3歳、栗東・笹田和秀厩舎)が直線突き抜けて優勝。新種牡馬シルバーステートの産駒が、単勝2.1倍の支持に応えてデビュー戦Vを飾った。

 フルゲート16頭によって争われた一戦。6枠11番からスタートを切ったメイショウクリフトはポジションを取りに行き、道中は好位2番手を追走。前半600m通過36秒8の流れの中、持ったままの手応えで4コーナーを回り、最後の直線に入った。

 逃げたヤマノミドリを交わして先頭に立ち、福永騎手の左ステッキが入れられると、一瞬にして後続との差を広げた時点で勝負あり。最後は外からクラウンスターも脚を伸ばしてきたが、余裕綽々のまま4馬身差でゴール板を駆け抜けた。

 レース後、騎乗した福永騎手は「いいスピードがあります。まだバランスをとり切れていませんが、良くなる余地を残しています」と高評価。また管理する笹田師も「骨や筋の心配がなくなればもっと良くなる」と、さらなる上積みに期待する。ここでは力が一枚抜けていた印象で、昇級してからも楽しみな存在になりそうだ。

「メイショウクリフトは、近親に昨年の野路菊S(OP)をレコードで勝ったロンがいる血統。現在、芝で2戦2勝のロンは、主戦の武豊騎手も『フットワークがすごくいい』と絶賛している大器です。同じシルバーステート産駒ですし、メイショウクリフトも今後は芝を試してみるのも面白いかもしれませんね」(競馬誌ライター)

 そんなメイショウクリフトだが、SNSやネット上ではその馬名から、国民的人気ゲーム『ドラゴンクエスト4』(スクウェア・エニックス)に登場するキャラクターの「クリフト」を思い浮かべた人も多かったようだ。

 とあるお城に神官として仕えているクリフトだが、同じくドラクエ4に登場する姫様キャラのアリーナに片思いをしているものの、思いを伝えられないどころか、隠し撮りしたブロマイド写真を本に挟んで隠し持っていたりする。また極度の高所恐怖症であることから、高いところに連れて行くと泣き出したりもする。

 そのため、ファンの間では「クリフト=ヘタレ」というイメージが定着してしまっているのだが、馬のメイショウクリフトは非常に力強い走りをしたため、SNSなどには「名前の印象を払拭する強い勝ち方だった」といった興味深いコメントも投稿されていた。

 ちなみに余談だが、前日の2月11日はファミコン版の『ドラゴンクエスト4』が発売されてから、ちょうど32周年の記念日でもあった。

 今後は一度放牧に出される予定だというメイショウクリフト。ぜひ本家クリフトのイメージを覆すような活躍に期待したいところだ。

(文=冨樫某)

<著者プロフィール>
キョウエイマーチが勝った桜花賞から競馬を見始める。まわりが学生生活をエンジョイする中、中央競馬ワイド中継と共に青春を過ごす。尊敬する競馬評論家はもちろん柏木集保氏。以前はネット中毒だったが、一回りして今はガラケーを愛用中。馬券は中穴の単勝がメイン、たまにWIN5にも手を出す。

JRA「いいスピードがある」福永祐一も高評価! 武豊が絶賛した大器を近親に持つ好素材が、馬名の「イメージ」を覆す力強い走りで快勝のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合