NEW

JRA【小倉大賞典(G3)展望】「エフフォーリア世代」ヴァイスメテオールVSアリーヴォ! 5年連続大荒れ中…「小倉巧者」が一堂に会し激戦必至

【この記事のキーワード】, ,

JRA【小倉大賞典(G3)展望】「エフフォーリア世代」ヴァイスメテオールVSアリーヴォ! 5年連続大荒れ中…「小倉巧者」が一堂に会し激戦必至の画像1

 東京競馬場でフェブラリーS(G1)が開催される20日、裏開催の小倉競馬場では小倉大賞典(G3)が行われる。2017年から5年連続で三連複配当が3万円超という、JRAでも屈指の荒れる古馬ハンデ重賞だ。

 今年は“エフフォーリア世代”と呼ばれる4歳馬の2頭が中心を担うが、他にもG1で実績がある馬、小倉コース巧者などがそろい、激戦ムードが漂う。

 昨年7月のラジオNIKKEI賞(G3)を勝っているヴァイスメテオール(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)は、菊花賞(G1)大敗からの巻き返しを図る。

 前走は3か月半ぶりのレースにもかかわらず、初の関西への長距離輸送が響いたか「-8kg」という馬体減で出走。穴人気したが距離も長く、勝ち馬から2秒5差の16着に沈んだ。

 今回はローカル小回りの1800m戦で、条件は2走前と重なる。前走から約4か月と再び間隔をしっかり空けて、状態が万全なら好勝負に持ち込めるだろう。

 血統的には古馬になってからの成長も見込めそうだ。母のシャトーブランシュは3歳秋のローズS(G2)で2着し、5歳夏のマーメイドS(G3)で重賞初制覇を飾った。1歳下の半弟は、今年の牡馬クラシック有力候補に名前が挙がっているイクイノックス(父キタサンブラック)。兄の名にかけても、ここで負けるわけにはいかない。

 不安材料を挙げれば、鞍上の丸山元気騎手が乗れていない点だろう。12日終了時点で今年1勝という不振に陥っている。3年ぶりの小倉参戦で流れを変えたいところだ。

 菊花賞でヴァイスメテオールに1秒3先着の7着に入ったのが、アリーヴォ(牡4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)だ。

 勝ったタイトルホルダーからは1秒2離されたが、2着馬のオーソクレースと0秒4差なら、ここで主役候補に名前が挙がるのは当然だろう。前走は今回と同コースで行われた壇之浦S(3勝クラス)を勝ち上がっていることも心強い。それも含めて小倉では4戦4勝という屈指のコース巧者でもある。

 小倉以外では勝利こそないが、馬券圏外はダートのデビュー戦と菊花賞の2回だけ。ハンデ戦の今回は、斤量も重賞勝ちがあるヴァイスメテオールよりも軽くなるのはまず間違いない。

 鞍上は冬の小倉開催で勝ち鞍を量産中の横山和生騎手が務める。テン乗りで大仕事をやってのける可能性は十分ありそうだ。

JRA【小倉大賞典(G3)展望】「エフフォーリア世代」ヴァイスメテオールVSアリーヴォ! 5年連続大荒れ中…「小倉巧者」が一堂に会し激戦必至のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合