NEW

パチスロ「ヒキで勝てる6号機」の時代が到来!?「マニアおすすめの立ち回り」とは

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ「ヒキで勝てる6号機」の時代が到来!?「マニアおすすめの立ち回り」とはの画像1

 2月に突入し、全国のパチスロコーナーは大きく変化した。機種や地域によっては残存している5号機もチラホラと見受けられるが、基本的には6号機のみでの営業となっている。

 いよいよ本格的に「6号機時代」の到来。『押忍!番長3』や『パチスロ聖闘士星矢 海皇覚醒』など一撃万枚が実現しやすいマシンが消えたことで、パチスロに対するモチベーションの維持が難しいユーザーも多いようだ。

 巷では未だ6号機に対する負のイメージが強い印象。「2400枚制限がある限り無理」「吸い込みだけ無限」など様々な不満の声を耳にする。

 筆者はパチスロのヘビーユーザーであるが、3年以上6号機メインで立ち回っている。その間に5号機を触れた回数は指折り数える程度。「重度の6号機マニア」と言っても良いだろう。

【注目記事】
パチンコ店「最新台を一瞬で破壊」の危機!? 忘れられぬ恐怖とは…
パチンコ新台「突入率100%×超高ループ」の激熱マシン! 気になる実力は?【実戦速報】

 そんな立場から言わせて頂くと一撃万枚は厳しいが、「立ち回りやヒキ次第で大勝ちできる」性能を持つマシンも現状は少なくない。

 6.0号機のような高ベース高純増といったマシンよりも、6.2号機は低ベース低純増のヒキで出玉の波を作るマシンがトレンド。低設定でも腕次第でやれる時代である。

 特に設定狙いに関しては「今がチャンス」と言わざるを得ない。ホールもパチスロユーザーを逃すまいと高設定を投入する頻度が高くなっている印象だ。

 夜からの稼働でも格段に高設定を掴む機会が増加しているはずだ。6号機は設定が分かりやすいという風潮があるが、6.2号機に関してはその限りではない。

パチスロ「ヒキで勝てる6号機」の時代が到来!?「マニアおすすめの立ち回り」とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合