NEW

JRA C.ルメール、武豊を「置き去り」の大楽勝に国枝栄師も好感触! デビュー戦「6馬身」勝ちドゥラメンテ産駒の本領発揮は芝でこそ?

【この記事のキーワード】, ,
JRA C.ルメール、武豊を「置き去り」の大楽勝に国枝栄師も好感触! デビュー戦「6馬身」勝ちドゥラメンテ産駒の本領発揮は芝でこそ?の画像1
丸山元気騎手

 13日、東京競馬場で行われた4Rの3歳・新馬(ダート1600m)は、丸山元気騎手の4番人気ショウナンダール(牡3、美浦・国枝栄厩舎)が優勝。ドゥラメンテ産駒からまた楽しみな1頭が登場した。

「ケイコでは半信半疑でしたが、いい勝ち方でした。直線は走りがバラバラになっていたので、まだ伸びしろもありますね」

 デビュー戦の手綱を任された丸山騎手も、パートナーの能力を再確認。レースを走って証明した能力の高さに、“半信半疑”から確信に上方修正したのかもしれない。

「現状はダートが良さそうですが、体がしっかりすれば芝でもやれそうです」と続けたが、スピードを感じさせる走りは、芝でも問題がなさそうだ。

 雨が降る中、重で行われた16頭立てのレース。好スタートを決めたショウナンダールは、先手を主張したタイセイレーヴを先に行かせて2番手で追走する。道中も抜群の手応えで進み、4コーナー入り口で逃げ馬がバテると、押し出されるように先頭に立った。

 その後も軽く追われただけで、後続との差は瞬く間に広がり、ゴールでは2着馬に6馬身もの差をつける圧勝劇。まさに“回って来ただけ”の独演会ともいえるパフォーマンスを披露した。

 1分38秒9の勝ち時計こそ目立たないが、メンバー最速となる36秒1の上がりで、2位の36秒8に0秒7差ならモノの違いが伝わる数字だ。このまま順調にダート路線を進むと、東京ダート1600mの同舞台で行われるフェブラリーS(G1)も視野に入りそう。

 その一方で、本馬の血統が決してダート専門ではないことにも触れておきたい。

 母系はダイワスカーレット、ダイワメジャー、ヴァーミリアンなどが出ているスカーレットインクの一族でもあり、血統的には芝ダートどちらでも走れる素地がある。

 丸山騎手が「芝でもやれそう」とコメントしただけでなく、管理する国枝調教師も「芝も考慮に入れたい」と評しており、今後の路線はまだ流動的。陣営としては芝ダートの二刀流もこなせる見立てということだろう。

 少なくとも3着に敗れたC.ルメール騎手のミッキーキングや5着だった武豊騎手のキングスウェイらの僚馬よりは、期待できそうな雰囲気があった。

 芝に比べてダートのJRA重賞は少なく、ユニコーンS(G3)とレパードS(G3)くらいしかないことも事実。デビュー戦で見せた走りが芝でも通用するようなら、なかなか侮れない実力の持ち主となるのではないか。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA C.ルメール、武豊を「置き去り」の大楽勝に国枝栄師も好感触! デビュー戦「6馬身」勝ちドゥラメンテ産駒の本領発揮は芝でこそ?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?