NEW

JRA C.ルメール「元相棒」カフェファラオのフェブラリーS(G1)連覇に何を思う? 昨年王者を捨てた経緯と、生まれた「確執」…重賞19連敗中トンネルの出口は

JRA C.ルメール「元相棒」カフェファラオのフェブラリーS(G1)連覇に何を思う? 昨年王者を捨てた経緯と、生まれた「確執」…重賞19連敗中トンネルの出口はの画像1
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 先週土曜の京都牝馬S(G3)では、岩田望来騎手がデビュー98回目の挑戦にして、ついに重賞制覇。さらに日曜のフェブラリーS(G1)の20分前に行われた小倉大賞典(G3)を1番人気のアリーヴォが勝ったことで、年明けから続いていた重賞1番人気の連敗記録も18で止まった。

 先週、様々な負のジンクスが止まった中、この男の悪い流れは止まらなかった。この日のフェブラリーSで重賞の連敗が19に伸びたC.ルメール騎手である。

 この日も朝一番の1Rを幸先良く勝利し、8Rまで4勝を含む騎乗機会6連続連対。今のルメール騎手は間違いなく乗れている……いや、これぞ5年連続リーディングジョッキーの“平常運転”だったといえるだろう。

 無論、この日のフェブラリーSの騎乗馬は10番人気のテオレーマ。さしものルメール騎手も、この馬で連敗を止めろというのは酷な話だ。だが、それ以上に深刻なのが、優勝したカフェファラオに騎乗していなかったという流れの悪さではないだろうか。

 ここまで6戦連続で自身が主戦を務めており、今回のフェブラリーSで騎乗していても何ら不思議ではなかったはずのカフェファラオが勝利した光景には、ルメール騎手としても思うところがあったに違いない。

「カフェファラオの福永騎手が『まだ復帰していない段階で依頼を頂いた』と話していましたが、かなり早い段階から『カフェファラオのフェブラリーSにルメール騎手が乗らない』という話はありました。

JRA C.ルメール「元相棒」カフェファラオのフェブラリーS(G1)連覇に何を思う? 昨年王者を捨てた経緯と、生まれた「確執」…重賞19連敗中トンネルの出口はのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合