NEW

JRA波乱起こした藤沢和雄師にファンの怒りが飛び火!? 三連単「30万円超」のダイヤモンドS(G3)引退間際の路線変更発言に「早く言ってよ」の恨み節

JRA波乱起こした藤沢和雄師にファンの怒りが飛び火!? 三連単「30万円超」のダイヤモンドS(G3)引退間際の路線変更発言に「早く言ってよ」の恨み節の画像1
ランフォザローゼス

 19日、東京競馬場で行われたダイヤモンドS(G3)は、2番人気のテーオーロイヤルが快勝。4連勝で重賞初制覇を飾り、天皇賞・春(G1)に名乗りを上げた。

 一方、“三強”を形成した1番人気レクセランスと3番人気ヴェローチェオロは直線で伸びを欠き、そろって馬券圏外に敗れた。

 そんななか、波乱の立役者となったのが、ランフォザローゼス(セ6歳、美浦・藤沢和雄厩舎)。後方から末脚を伸ばし、2着に食い込み、三連単31万7940円という高配当をもたらした。

 単勝オッズ57.5倍は、14頭立ての11番人気。4歳春の青葉賞(G2)2着を最後に14戦連続で5着以下という戦績も手伝って関係し、ほぼノーマークの伏兵に近かった。応援馬券を買っていたファンは、“美味しい馬券”にありつけたかもしれない。

「(今月末で引退する)藤沢和師にとって、府中最後の重賞レースということでランフォザローゼスの単複は買っていました。本当に馬券に絡むとは思っていませんでしたが(笑)。休み明け3戦目で、前々で粘り込んでくれたら掲示板くらいはあるかなと……。まさか後方から長くいい脚を使うとは思っていませんでした」(競馬誌ライター)

 実際、Twitterなどでもランフォザローゼスの応援馬券を買っていたとみられるファンから「藤沢先生ありがとう!」、「明日も来週も買い続けます!」など、感謝のツイートも多数見られた。

 一方で、「陣営がランフォザローゼスにステイヤーの資質があったことを見抜けなかったのなら、これ以上もったいないことはない」と、藤沢和厩舎の過去のレース選択に不満を見せた意見もあった。

「長距離レースをほとんど使わない厩舎ですからね。今回あえてダイヤモンドSを使ってきたことで、気にはなっていました。青葉賞で2着、ダービーでも悪くない走り(7着)でしたから。一気の距離延長がプラスに出たのは厩舎の好判断といえるかもしれません。ただ、もう少し早く長いところを使っていればというファンの気持ちもわからなくはないです」(別の競馬誌ライター)

 レース後には藤沢師が「長い距離が合っているようだ。かつて青葉賞2着の実績もあるからね」とコメントすると、鞍上を務めた田中勝春騎手も「長い距離の方が良いと思っていました」と、2人の意見は「長距離適性あり」で完全に一致した。ファンからしたら「早く言ってよ」と言いたくもなる。

 それだけに、ダービー後は2400m以上の距離を使われなかったのは、痛恨といえるかもしれない。

 今週末の競馬で定年引退を迎える藤沢和師。27日の中山記念(G2)には、ゴーフォザサミット、レッドサイオン、そしてコントラチェックの3頭出しで臨む(コントラチェックは阪急杯にも登録)。正真正銘のラスト重賞で、再び“藤沢マジック”を披露することはできるだろうか。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA波乱起こした藤沢和雄師にファンの怒りが飛び火!? 三連単「30万円超」のダイヤモンドS(G3)引退間際の路線変更発言に「早く言ってよ」の恨み節のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?