NEW

JRA「持ってる」武豊が密かに燃える!? 阪急杯(G3)惨敗続きからの“神騎乗”で「先生を男泣きさせる走り」を実現!

JRA「持ってる」武豊が密かに燃える!? 阪急杯(G3)惨敗続きからの神騎乗で「先生を男泣きさせる走り」を実現!の画像1
武豊騎手

 27日、阪神競馬場では芝1400mを舞台に阪急杯(G3)が行われる。このレース22度目の騎乗となる武豊騎手は、サンライズオネスト(牡5歳、栗東・河内洋厩舎)とのコンビで臨む。

 そのサンライズオネストが栗東トレセンで話題になったのは先週のこと。16日、坂路での1週前追い切りで4ハロン48秒2、ラスト12秒6を記録。スポーツ各紙はこの日唯一、50秒を切った“超抜”時計を褒めちぎった。

 ところが、騎乗していた武騎手はというと……。

「先週の坂路の追い切りに乗せてもらって、一気に持って行かれた数字が4ハロン48秒2。流行りの言い方をすればボクのパーソナルベストですが、うれしさはありません」

 23日付の公式サイトの日記にそう記した武騎手。「12.4-11.4-11.8-12.6」というラップタイムと、その文面から武騎手がサンライズオネストを制御できなかったことは明白なようだ。

 それでも23日の最終追い切りを理想的な加速ラップで54秒2-12秒3にまとめると、河内調教師からは「十分気合も乗っているし、具合はいい」と自信のコメントが飛び出した。前走カーバンクルS(OP)を強い内容で勝利し、今が充実期。3勝を挙げる阪神コースなら大駆けも望めそうだ。

 もし武騎手が勝てば、2018年以来、3度目の阪急杯制覇となる。まだ記憶に新しい4年前、武騎手は5歳牝馬のダイアナヘイローに騎乗し、この日で定年を迎える福島信晴調教師(当時)に有終の美をもたらした。

 レース直前の日記に、武騎手はこう記していた。

「大変お世話になった福島信晴先生のダイアナヘイローに騎乗します。福島先生を男泣きさせる走りができたら、と密かに燃えています」

 ダイアナヘイローは前年夏に4連勝で北九州記念(G3)を制覇。続くスプリンターズS(G1)では、牡馬に混じって4番人気の支持を集めた。しかし、結果はブービーの15着。続くシルクロードS(G3)でも1番人気を裏切り、16着に大敗していた。

 2戦連続の2桁着順で評価は急落。阪急杯は単勝7番人気の伏兵扱いだった。ところが、レースでは外目の枠からハナを奪うと、緩やかなペースに落とし込み、直線しぶとく粘り込んで先頭でゴールを駆け抜けた。1~5着馬までが0秒1差、14着馬までが0秒5差という大激戦を見事逃げ切ったのだ。

JRA「持ってる」武豊が密かに燃える!? 阪急杯(G3)惨敗続きからの“神騎乗”で「先生を男泣きさせる走り」を実現!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  5. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  6. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA宝塚記念(G1)兄弟対決に割って入るのは「父親」の超人気薄!? 非根幹距離巧者と狙う3度目の正直