NEW

JRA「覚醒」岩田望来が川田将雅、C.ルメールを猛追!?「連敗地獄」から抜け出した若武者が調教師大絶賛の“神騎乗”で1日4勝大爆発!

【この記事のキーワード】, ,
JRA「覚醒」岩田望来が川田将雅、C.ルメールを猛追!?「連敗地獄」から抜け出した若武者が調教師大絶賛の神騎乗で1日4勝大爆発!の画像1
C.ルメール騎手

 26日、2022年も今週の開催で2か月が終わろうとしているが、熾烈な争いを繰り広げているのが「騎手リーディング」だ。

 主役はもちろん5年連続リーディングジョッキーのC.ルメール騎手、そして3年連続2位に甘んじている川田将雅騎手。序盤こそ川田騎手が一歩リードしていたが、先週20日にルメール騎手が4勝を挙げると、ついに“定位置”へ返り咲いている。

 しかし、今週はルメール騎手がサウジアラビアで騎乗するため不在。川田騎手にとっては「鬼の居ぬ間に」勝ち星を荒稼ぎしておきたいところでこの日は3勝と、さすがの貫禄を見せつけた。

 ただ、そんな川田騎手よりもさらに勝ち星を荒稼ぎした騎手がいる、若手の岩田望来騎手だ。

「流れが向いたし、乗り方も完璧だった」

 この日のメインだった仁川S(L)のレース後、勝ったグレートタイムの藤原英昭調教師から絶賛された岩田望騎手は、これがこの日4勝目。川田騎手と同じ阪神に参戦しながらも2人で勝ち星を分け合うかの如く、荒稼ぎに成功した。

 まずは1Rで3番人気のウィシンクアスクに騎乗すると、好位からしぶとく粘りこみ。川田騎手との接戦をハナ差で制し、若武者が勢いに乗った。

 1番人気のバトルクライに騎乗した5Rでは、打って変わって後方からの差し切りで2勝目。さらに8Rでは、逃げ切りを図った同期の団野大成騎手をきっちりと捉えて3勝目。そして、11Rの仁川Sでは調教師も絶賛する好騎乗で、この日怒涛の4勝目を挙げている。

「いやあ、乗れてますね。やはり先週の京都牝馬S(G3)で重賞初制覇を飾ったことが大きいのかも。デビューから挑戦すること97連敗と、本人も『すごくホッとした』と話していた通り、相当気にしていたようですから。今は“枷が外れた”というか、不安が解消されて、目の前の騎乗により集中できているのかもしれません」(競馬記者)

 これで今年27勝とし、リーディング3位に浮上した岩田望騎手。この日の3勝で今年32勝とし、30勝のルメール騎手を交わして再びリーディングトップに立った川田騎手だが、そのすぐ後ろには勢いに乗った若武者が迫っている。

JRA「覚醒」岩田望来が川田将雅、C.ルメールを猛追!?「連敗地獄」から抜け出した若武者が調教師大絶賛の“神騎乗”で1日4勝大爆発!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合