NEW

JRA 海を超えて騒ぎ出す「ステイゴールド」の血、サウジで輝いた海外適性に膨らむ「オルフェーヴル産駒で凱旋門賞」の夢

JRA海を超えて騒ぎ出す「ステイゴールド」の血、サウジで輝いた海外適性に膨らむ「オルフェーヴル産駒で凱旋門賞」の夢の画像1
オーソリティ

 現地時間2月26日、サウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われた「サウジカップデー」。メインのサウジカップ(G1)こそ世界の壁に阻まれたものの、その他のレースでの日本馬の活躍は大きな話題を集めた。

 C.ルメール、サウジカップデー大爆発で「有馬記念3勝分」の荒稼ぎ!?

 トップバッターとしてネオムターフC(G3)に挑んだオーソリティが鮮やかな逃げ切り勝ちを決めると、続く1351ターフスプリント(G3)ではソングラインがゴール前の激しい競り合いを制して優勝。さらにレッドシーターフH(G3)でも、7歳馬ステイフーリッシュが逃げ、2着に4馬身1/4差をつけて圧勝し、2018年5月の京都新聞杯以来、実に3年9か月ぶりとなる勝利を掴んだ。

 世界に衝撃を与えた日本馬の3連勝、このすべてで手綱を取ったのがC.ルメール騎手である。絶好調の名手は、この後のサウジダービー(G3)でもコンシリエーレで3着に入り、つづくリヤドダートスプリント(G3)ではダンシングプリンスで逃げ切ってこの日4勝目。大舞台でその手腕を見せつけている。

 日本にルメールありと知らしめたのと同時に、世界の舞台で輝きを放ったのが、「ステイゴールド」の血だろう。

海外で躍動するステイゴールドの血

 ネオムターフCを勝ったオーソリティの父はオルフェーヴルで、その父がステイゴールド。そしてレッドシーターフHを勝ったステイフーリッシュもまた父がステイゴールドだ。さらに、メインのサウジカップ(G1・ダート1800m)に挑んだマルシュロレーヌもオルフェーヴルの産駒である。

 ステイゴールドといえば、国内のG1では善戦止まりでなかなか勝ち切ることができなかった中、引退レースとして挑んだ2001年の香港ヴァーズ(G1)でキャリア50戦目にしてG1を初制覇。日本生産馬として史上初の国外G1優勝という快挙を成し遂げ、JRA賞の特別賞も受賞している名馬だ。

 また、同年にはドバイシーマクラシック(当時はG2)でも勝利を挙げており、キャリアの7勝に対して2着が12回、3着が8回というシルバー・ブロンズコレクターだった馬が、海外レースにおいては2戦2勝。勝率100%のまま現役を退いている。

 そしてそのステイゴールドの血を引いたオルフェーヴルは、父とは異なりクラシック三冠を含むG1通算6勝を記録。父の勝率.140に対して、オルフェーヴルは.571という圧倒的な勝負強さを誇った。

 その一方で、父親譲りの海外適性はしっかりと受け継いでおり、海外成績は4戦で2勝と2着が2回。2012年と2013年にフランスに遠征してフォワ賞(G2)を連覇し、凱旋門賞(G1)も2年連続で2着と、日本馬が苦しめられているタフなフランスの芝、それも重馬場で激走を見せている。

 日本馬が最も凱旋門賞制覇に近づいた2012年から早10年。夢はその子どもたちに引き継がれた。

JRA 海を超えて騒ぎ出す「ステイゴールド」の血、サウジで輝いた海外適性に膨らむ「オルフェーヴル産駒で凱旋門賞」の夢のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合