NEW

JRA大器ダノンスコーピオン「春全休」に疑問の声!? 川田将雅「間に合ってない」も共同通信杯(G3)出走で惨敗…「初めてダービーに管理馬を」安田隆行厩舎は2年連続の無念

【この記事のキーワード】, ,
JRA大器ダノンスコーピオン「春全休」に疑問の声!? 川田将雅「間に合ってない」も共同通信杯(G3)出走で惨敗…「初めてダービーに管理馬を」安田隆行厩舎は2年連続の無念の画像1
ダノンスコーピオン 撮影:Ruriko.I

 先月の共同通信杯(G3)で7着に敗れたダノンスコーピオン(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)が、春全休の見込みであることがわかった。陣営によると近日中に放牧に出されるようだ。

 ダノンスコーピオン“使い捨て”でも陣営が「確認」したかったもの

 昨年、デビュー戦を単勝1.3倍の人気に応えて完勝し、続く萩S(L)で負かしたキラーアビリティは後のホープフルS(G1)の勝ち馬。朝日杯フューチュリティS(G1)こそ3着に敗れたが、共同通信杯では完全に格上の存在といえた。

 しかし、フタを開けてみれば最終的に4番人気と考えられない低評価だった。

 それもそのはず、実は直前の追い切りに跨った川田将雅騎手から「いい頃の動きがまだできていない」「動きとすると、間に合っていない」という厳しいジャッジが下されていたのだ。

 そんな主戦騎手の“予言”通り、末脚不発に終わったダノンスコーピオン。レース後、川田騎手は「現状、精一杯の走りですね」と相棒を庇ったが、やはり不完全な状態で出走した代償は大きかったと言わざるを得ない。ネット上の一部のファンからもSNSや掲示板などで「なにやってんだ」「無理して出るから」と安田隆厩舎ら、陣営の選択に疑問の声が上がっている。

 

ダノックス×川田騎手×安田隆厩舎は2年連続の無念

「自分にとって(調教師として)初めてダービーに管理馬を出せそうという期待があったので、本当に残念です」

JRA大器ダノンスコーピオン「春全休」に疑問の声!? 川田将雅「間に合ってない」も共同通信杯(G3)出走で惨敗…「初めてダービーに管理馬を」安田隆行厩舎は2年連続の無念の画像2
ダノンザキッド 撮影:Ruriko.I

 これは安田隆調教師の言葉だが、報道されたのは昨年のことだ。当時も安田隆厩舎には期待の「ダノン」がいた。2歳時にホープフルSを制し、最優秀2歳牡馬にも選出されたダノンザキッドである。

 3連勝でホープフルSを制したダノンザキッドは、皐月賞(G1)の王道トライアル・弥生賞ディープインパクト記念(G2)から始動したものの、まさかの3着。キャリア初の敗戦で単勝1.3倍を裏切ってしまった。

 その後の皐月賞で再び1番人気に推されたダノンザキッドだが、今度は見せ場すら作れずに15着に大敗……。主戦の川田騎手も「今日は能力を出せずに終わってしまいました」と肩を落とす他なかった。

 その後、調教中の骨折が判明し、安田隆調教師が「初めてダービーに管理馬を出せそうという期待があった」と話したのは、レースから約1か月後のことだった。

JRA大器ダノンスコーピオン「春全休」に疑問の声!? 川田将雅「間に合ってない」も共同通信杯(G3)出走で惨敗…「初めてダービーに管理馬を」安田隆行厩舎は2年連続の無念のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合