NEW

JRA岩田康誠「優等生コメント」で前哨戦快勝もスッキリとはいかず……、「モヤモヤ競馬」当事者の明暗に心中複雑?

【この記事のキーワード】, ,
JRA岩田康誠「優等生コメント」で前哨戦快勝もスッキリとはいかず……、「モヤモヤ競馬」当事者の明暗に心中複雑?の画像1
岩田康誠騎手

 先月の27日、阪神競馬場で行われた阪急杯(G3)は、岩田康誠騎手とダイアトニック(牡7、栗東・安田隆行厩舎)のコンビが、1番人気に応えて見事な先行押し切り。高松宮記念(G1)の重要ステップを完勝したことで、本番でも上位人気が確実となるだろう。

 岩田康誠がダイアトニックに騎乗する“因縁”対決

「前回金杯に乗せて頂いて、刺激を与えられての結果だと思います。低迷はしていましたが、厩舎関係者、牧場関係者のみなさんの熱い思いがこの勝利につながったのだと思います」

 レースを振り返った岩田康騎手は、初コンビとなった京都金杯(G3)で12番人気まで評価の下がっていた馬を4着に好走させただけでなく、2戦目で早くも勝利へと導いたが、ダイアトニックに携わった関係者にも感謝の言葉を忘れなかった。問題ある言動で話題にも上がった騎手だが、馬や関係者に対しては優等生を思わせる言葉だろう。

岩田康誠騎手の判断にファンはドキドキ?

 だが、快勝したとはいえ、一歩間違えれば脚を余したまま敗れてしまう可能性があったことも確かだ。

 14頭立ての芝1400m戦。6枠10番から絶好のスタートを決めたダイアトニックは、先頭に立つほど勢いながら、他馬に競り掛けられると岩田康騎手は一旦控える選択。最内に潜り込むことには成功したものの、最後の直線では窮屈になるシーンもあった。

 運よく内ラチ1頭分だけ空いたスペースをこじ開けることに成功したため、事なきを得たものの、見ている側からしたら冷や冷やさせられる進路取りにも思える騎乗だった。

 本人曰く、「力があるからこそ瞬発力で狭いところも割って行けました。脚が無ければ自爆というか、おじゃんになってしまうので、馬の脚に感謝したいです」と触れていただけに、馬の力に助けられた勝利だったともいえる。

 最後に「2年前はクリノガウディーであり、この馬でありモヤモヤな競馬をしましたが、正々堂々と挑めるんじゃないかと思います」と締めた岩田康騎手だったが、やはりもう1頭のパートナーも気にしていたようだ。

JRA岩田康誠「優等生コメント」で前哨戦快勝もスッキリとはいかず……、「モヤモヤ競馬」当事者の明暗に心中複雑?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合