NEW

ひろゆき氏の「パチンコ批判」に猛反論!? 業界のご意見番が「“全が無か”で物事を決めるのは危険」と忠告

【この記事のキーワード】, ,

ひろゆき氏の「パチンコ批判」に猛反論!? 業界のご意見番が「全が無かで物事を決めるのは危険」と忠告の画像1

 演者やライターだけでなく、番組制作会社の社長としての顔も持つヒロシ・ヤング氏。社運を賭けたYouTubeチャンネル「ヤングちゃん、寝る?」も好評なようで、中でもファンから注目を集めているのが「パチ裏ワイドショー」だ。

「情報漏洩」問題を業界ジャーナリストが語る

 当企画はパチンコにまつわるプチ事件や炎上案件、噂話や裏話などを独自の視点で斬り倒すといった内容。先日アップされた動画「ひろゆき氏のパチンコ差別発言に物申す!!」では、文字通り「論破王」ことひろゆき氏について言及しており、早くも大きな反響を呼んでいる。

 ひろゆき氏は、かねてより“パチンコ嫌い”で有名である。昨年末にはネット番組でパチンコ討論会に出演し、その番組に大崎一万発氏をオファーしたことは当サイトでも報じた通りだ。

 ひろゆき氏の見解では「パチンコは違法」としており、「パチンコに行く人の気持ちが理解できない」「かなり頭の悪い趣味」「違法なギャンブルをして金儲けをしている産業」と散々な発言。過去には、ネット記事を発端に国際カジノ研究所・所長の木曽崇氏に「ボコボコに」やられて「揚げ足取りに終始した」そうだが、これに懲りずに現在もバッシングをし続けているという。

 ヤング氏によると、確かにパチンコは「世間一般からするとグレーなイメージのままであることも事実」。パチンコ関係者の「大丈夫」という認識と、一般の方々との認識とでは「ズレがある」とし、それは「パチンコ業界の努力が必要」としたが、そもそもパチンコは風営法が確定する前から存在したために「結果に応じて賞品を渡す」ことが法律で認められている。

 よって、ヤング氏はひろゆき氏の主張を「差別発言」だとコメント。文句があるならば「警察庁に言ってくれ」とし、あくまでホールは所轄の警察署から風営法に基づいて「許可を取って営業している」と反論した。

 また、パチンコは戦後から日本人に親しまれた娯楽だとし、使う側にも設ける側にもリミットがあり、遊技の体で博打が行われるパチンコは「日本国民の国民性を表している」と分析。賭け事に興じたくなる人間の本能を「特殊な形で着地させている」とし、パチンコがあるから現在の日本社会があるのではなく「こういう日本社会だからパチンコがある」とも続けた。

 つまるところ、パチンコに対して攻撃をしないと気が済まない人々は、本当に社会のためを思っているのではなく「自分の中の不満をパチンコにぶつけている気がする」とヤング氏。ひろゆき氏に関しては「いろいろあるんでしょうけど…」と推察した後、「これだけ賢い人だったら分かると思うに…」と首を傾げ、「全か無かで物事を決めるのは非常に危険」と忠告した。

【注目記事】
新感覚スペック「ネオ甘デジ」始動…遊びやすさ抜群ながら出玉はライト級!!―新台分析パチンコ編―
パチンコ「GODインGOD」を彷彿させる激アツ展開! レジェンド連打の猛爆が炸裂!!
パチスロ「リバイバル」がテーマの「激甘」マシン…重要攻略要素がついに判明!!

ひろゆき氏の「パチンコ批判」に猛反論!? 業界のご意見番が「“全が無か”で物事を決めるのは危険」と忠告のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合