NEW

JRA弥生賞(G2)武豊VS横山典弘「天才対決」の行方は。スペシャルウィーク、セイウンスカイ、キングヘイロー「3強対決」から24年

JRA弥生賞(G2)武豊VS横山典弘「天才対決」の行方は。スペシャルウィーク、セイウンスカイ、キングヘイロー「3強対決」から24年の画像1

「どうせゴール前で止まります」

 1998年1月5日。その年のクラシック二冠馬セイウンスカイがデビューを迎えた日である。

 しかし、オーナーの西山茂行氏(名義は西山牧場)は中山競馬場には駆け付けたものの、ちょうどお昼の時間ということで、釣りバカ日誌の作者・やまさき十三さんと餃子を食べていた。

 西山茂行オーナーが語るセイウンスカイ伝説

 そんな時にスタートを迎えたセイウンスカイのデビュー戦。好スタートからポンと飛び出した芦毛の馬体を見た十三さんが「おい、お前の馬、先頭走ってるぞ!」と声をかけたものの、オーナーは「4コーナーまで、4コーナーまで……」と、まるで無関心。

 徳吉孝士騎手を乗せたセイウンスカイは、その4コーナーでもまだ先頭だったが「どうせゴール前で止まります」と、まったく期待していなかった。

 それも仕方のないことだった。西山オーナーはこれまで何度もセイウンスカイの父シェリフズスターに期待を裏切られてきたのである。

 稀代の二冠馬を世に残した種牡馬シェリフズスターだったが、西山牧場が購入したのは現役時だった。陣営は種牡馬としてよりも、競走馬として「ジャパンC(G1)を勝とう」と考えていたのである。当時のジャパンCは、まだ外国馬全盛の時代。コロネーションC(G1)とサンクルー大賞(G1)を連勝するなど、欧州で一流の成績を残していた本馬には十分にその“資格”があった。

 しかし、輸入直前になってシェリフズスターが屈腱炎を発症し、引退を余儀なくされることに。仕方なく種牡馬として購入した西山牧場だったが、産駒は「まったく」と言っていいほど走らなかった。

 そこで西山牧場の代表が父・正行さんから茂行氏に代替わりしたタイミングで、西山オーナーは産駒の売却を決断。その後、シェリフズスターも種牡馬廃用の運びとなった。結局、手元に残ったのはわずか3頭。だが、その内の1頭がセイウンスカイだったのである。

「無事に帰ってくればいい」。昔から馬主にとって競馬は子供の運動会に例えられるが、おそらくオーナーの期待は、その程度だったのだろう。しかし、セイウンスカイはその“運動会”を6馬身差で圧勝。それも外枠が不利な中山1600mの大外枠からやってのけたのである。

 その後、セイウンスカイは返す刀でジュニアC(当時OP)も5馬身差で連勝。「関東の超大物」として注目されるようになった本馬に対し、周囲の見る目が変わったことは言うまでもないだろう。

JRA弥生賞(G2)武豊VS横山典弘「天才対決」の行方は。スペシャルウィーク、セイウンスカイ、キングヘイロー「3強対決」から24年のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合